ここから本文です

Instagramで人気を誇るゲンキングが3月1日の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、自身がゲイであることをカミングアウトし、有名俳優と現在同棲(どうせい)中であると明かした。

ゲンキングは、Instagram上でフォロワー13万人を誇る人気アパレルデザイナー。ゲンキングは番組内で、「いつもは超かっこよく、男っぽくやってるんですけど、普段はオネエって感じなんですよ」と自身がオネエであると告白。
現在同性のパートナーもいるそうで、夕飯を作るなど主婦のような役割をすることもあると語った。

出演者に「パートナーは、ゲンキングがテレビに出ることはいいって言ってるの?」と質問されると、ゲンキングは「パートナーも有名な人。俳優」と同棲(どうせい)相手が有名俳優であることを明かす。

だが、お相手は、両性愛者であることを公にはしていないそう。ゲンキングは、「相手は彼女もずっといて、女の人も好きだったけど、お前(ゲンキング)ならイケるかも」と言われたと話す。この告白にスタジオからは驚きの声が上がった。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ