ここから本文です

不仲で知られるお笑いコンビ・さまぁ?ずの三村マサカズとお笑いタレント・ヒロミが、3月3日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で完全に和解。ヒロミは「俺のやり方がちょっと違った」と反省し、三村も「ヒロミさんで発奮して、芸能界頑張ろうと思った」と返した。

サムネイル

三村マサカズ/Masakazu Mimura(さまぁ~ず/Summers), Nov 04, 2012 : 「突撃!アッとホーム」でNHK初司会を務める「さまぁ~ず」の三村マサカズさん=2012年11月4日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


昨年3月31日に放送された「笑っていいとも!グランドフィナーレ感謝の超特大号」(フジテレビ系)で三村は、「最近仲直りしたけど、ヒロミさんが嫌いでした」と告白。ふたりの関係に一気に注目が集まった。

「ロンドンハーツ」3月3日放送回では、三村とお笑いタレント・千原ジュニアのサシ飲みに密着。そこで三村は、ヒロミを共演NGにしたきっかけは、ヒロミのキツいツッコミにあったと明かした。また、ある海外ロケに行った際は、三村のリアクションがヒロミのお気に召さなかったようで、「俺は竜ちゃん(上島竜兵)と出川(出川哲朗)でオファーしてたのに、なんでお前がきたの?」と本格的なダメ出しを受けたそう。東京に戻ってから、三村は号泣。ヒロミを共演NGにした。

「笑いも暮らしも幸せ具合も全部、『あの人を超える』って目標に切り替わったの。そしたらあの人勝手に(芸能界)リタイアして、ちょっと肩透かし感があって......。だからまだ俺の中ではちょっと認めてない」とジュニアに打ち明ける三村。結局「いいとも!」以来共演することもなく、わだかまりがまだ残っているようだ。

するとジュニアが「ヒロミさん呼びます?」と突如ヒロミに連絡。その場にヒロミを呼び出した。

ヒロミも問題の海外ロケのことを忘れてはいなかった。そして、「俺のやり方がちょっと違ったんだろうな。先輩ヅラして後輩をどうにかしてやりたいって、いろいろ振ったりしたつもりだったけど、(相手を)生かしたのか殺したのかわからないところがあるんだよ」と反省を示した。

場に和やかなムードが漂いはじめたところで、ジュニアが席を外してふたりきりに。三村は、「今日はよかったです。これは共演ですから」とヒロミに感謝を述べる。さらに「ヒロミさんで発奮して、俺は芸能界頑張ろうと思いましたから」と伝えた。ヒロミの「三村、いつか番組やろうな」という誘いに、三村も「普通にやりましょう」とうなずく。ふたりで共演を誓い合い、完全な雪解けとなった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ