ここから本文です

お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤が3月4日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、元妻で女優の安達祐実との破局理由がいまだわからないことを告白した。

サムネイル

井戸田潤/Jun Itoda(スピードワゴン/Speed wagon), Feb 23, 2015 : 「ザ・ウィンズ・オブ・ゴッド Japan Your 2015」の製作発表記者会見に登場した井戸田潤さん=2015年2月23日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


井戸田と安達は、2009年1月に離婚。実に6年が経過しているが、同番組に出演した井戸田は、離婚理由について「わからない。本当にわからない」と連呼。今も真相がわかっていないことを明かした。井戸田いわく、離婚直前までスキンシップも家族3人で出かけることもしていたのに、何の前触れもなく突然離婚を言い渡されたのだという。

離婚の意志を伝える際、安達は「自分が描いている結婚生活の中に(井戸田が)必要じゃなくなった」「もう私決めたから」などときっぱり宣言。「ちょっと待ってよ」という井戸田の言葉もむなしく、2、3日後には安達の荷物はきれいさっぱり家からなくなっていたそうだ。

そんな訳がわからない状態でなぜ離婚届に判子を押したのかと聞かれると、井戸田は「向こうの家族が最終的に出てきて、(離婚しろと)浴びせ倒された」と驚きの告白をした。

ただ、安達は井戸田を嫌いになったわけではなかったのか、離婚後も仲良く食事に行ったり、買い物に行ったりと関係は良好であったらしい。そのため井戸田は復縁を期待していたのだが、結局安達は昨年11月にカメラマンの桑島智輝氏と再婚。再婚の報告は、芸人仲間と旅行していたおりに安達本人からメールでされたそうで、あまりの衝撃に思わず「あ~~~!」と叫び、仲間のいるなかで泣いてしまったと語った。

(文/青山美乃@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ