ここから本文です

芸歴10年目以下の漫才頂上決戦『M-1グランプリ 2007』において敗者復活戦から7代目王者となって以来、コントのNo. 1を決定する決戦『キングオブコント』のファイナリストにもなるなど実力派芸人として、テレビでも活躍中のお笑いコンビ・サンドウィッチマン。近年ではロケの面白さが話題となったり、"東北"という名のつくタイトルのレギュラー番組を3本抱えているなど、地元・宮城県での活躍も目覚ましい。

サムネイル

3月15日(日)放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)にて、サンドウィッチマンが出演
写真:トレンドニュース


■仙台では自分たちの素がいちばん出せる

メディアで活躍するようになった今でもライフワークとしておこなっているのが、新ネタづくり。各地でのイベント出演はもちろん、毎年全国ツアーも開催しており、昨年のツアーの様子が収められたDVD『サンドウィッチマンライブツアー2014』も発売されたばかりだ。

伊達:ネタで評価されて世に出していただいたので、今後も継続していかないとなと。とにかく僕らはネタが大好きだし、自分たちの良さをいちばんアピールできるものだと思ってるんですよ。

富澤:まさにそうですね。ネタを書いてるのは僕なんですけど、コントと漫才どちらもやりながらも、ネタづくりとしては漫才のほうが難しいなと思いながら(新ネタを)つくり続けています。

伊達:そういったなかで、全国ツアーは年間の活動の柱だし、全公演を満員にするという目標を掲げて毎年おこなっている勝負の場。大阪は僕らの中で若干の苦手意識のある場所なんですけど、ものすごく早くチケットが売り切れることも多いので、プレッシャーを感じながら挑めるのもありがたいんです。

富澤:いちばん反応がいい北海道では、ここ2~3回、DVDの収録をやっています。

伊達:レギュラー番組をやっているおかげなのか、北海道はたくさんの方が来てくれるんでうれしいですね。やりやすいのは、地元の仙台。僕らの素がいちばん出せるというか、"あぁ、帰って来たな"という感覚で落ち着いてネタができるんです。ただ、(客席にいる)両親と目が合うと恥ずかしいですけど(笑)。

■大きなケンカは今まで一度もない

地元・仙台ではもちろん、ほかのバラエティ番組でのロケにも定評がある二人。『バイキング』(フジテレビ系)の「地引き網ロケ」が話題となったが、「ロケの極意は?」と聞いてみると下記のような答えが返って来た。

伊達:いやいや、そんなものはないですよ(笑)。ただ、ロケは大好き。コンビ間で自由に展開できるのですごくやりやすいし、楽しんでやらせてもらっているだけです。僕らはもともと、友達同士なので、いまだに高校時代の男子校のノリを笑いでやっているような感覚があって。

富澤:コンビ結成から約10年間、一緒に暮らしていましたけど、大きなケンカは今まで一度もないよね?

伊達:そうだね。一緒に住んでいた頃はお互い、時間をずらしてバイトとかしていたので、四六時中一緒にいるわけでもなかったし。なんなら、今のほうが会っている時間は長いと思います。今は仕事もたくさんやらせてもらって、お笑いで生活もできているので、毎日が充実しています。

■東北芸人は控えめ!?

地元を盛り上げるべく、活躍の場を広げている印象の強い彼らは、"宮城県の顔"と言っても過言ではない。狩野英孝、マギー審司らとバラエティ番組『東北魂TV』にも出演しているが、東北芸人の特徴とは?

富澤:やっぱり控えめな人が多いですね。

伊達:英孝ちゃんは特殊な人間なんで当てはまらないですけど(笑)、みんな控えめですよね。富澤なんて、2時間特番で一言も喋(しゃべ)らない時もありますから。

富澤:(笑)そういう時、自分でも"今日喋(しゃべ)んなかったなぁ"と思ってるけどね。

伊達:俺もただただ笑ってるから、"どうしたのかな、こいつ"って思ってるよ。しかも、楽屋に帰って来て誰よりも早く水を飲んでるから、"いつ喉乾いただろう?"とも思ってます(笑)。

■オススメの宮城グルメは、のりうどんと牛タンラー油

地元でのロケでさまざまな場所に訪れている二人に、オススメのグルメを聞いてみた。

伊達:イチオシは、東松島にある"のりうどん"。東松島はおいしいのりがいっぱい取れる場所なんですけど、地元で取れたのりを練り込んである真っ黒なうどんで。磯の風味を感じられる絶品です。ただ、この情報は仙台でレギュラーを持っているムーディ勝山に教えてもらったもの。まさかムーディに地元・仙台のおいしいものを教えてもらうとは思ってもみなかったです(笑)。

富澤:僕のオススメは、牛タンラー油。その名の通り、ラー油の中に牛タンの細切れが入っているんですけど、ご飯にかけてもラーメンにかけてもうまい。......実は魚介類が苦手なんですけど、新鮮なものなら食べられるようになって、今では"寿司(すし)、食いたいな"と思うようになりました。歳を取ると味覚が変わるっていうんで、もっと食べられるようになればいいなと期待しています。

伊達:地元でロケしてると、たくさんの反応があってうれしいんですよ。「あんたたちが出てると、元気が出るよ」って言われたりしますし。

富澤:ただ、「もう3回見た」とか言われたりもして......新鮮味がないんでしょうね。騒がれなくなってもきています(笑)。

伊達:月2回は仕事で仙台に帰ってるからしょうがないわ(笑)。仕事として仙台に帰るのは一つの夢だったので、叶(かな)えられたんだと思うとうれしい。宮城県は紹介した以外にもおいしいものがたくさんあるので、多くの人に遊びに来てもらいたいですね。

☆3月15日(日)放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系にて)、サンドウィッチマンが出演。都内の宮城グルメを紹介しつつ、ゲストを迎えてのトーク、仲の良い芸人たちとネタバトルを繰り広げるなど。乞うご期待!

・MC:中山秀征&中川翔子
・毎週日曜日 12:00~13:00
公式サイト>>

◆サンドウィッチマン 伊達みきお(左)と富澤たけし(右)からなるお笑いコンビ。ともに1974年生まれ、宮城県出身。高校卒業後、別々の道を歩んでいたが、富澤が誘うかたちで、1998年コンビ結成。
座右の銘は「猪突猛進」(伊達)と「逃げるが勝ち」(富澤)
(取材・文/高本亜紀)

東北魂TV プレゼント(00:09:32)>>


東北魂TV 女子会(00:08:33)>>


東北魂TV デビルマスクマンズ(00:06:35)>>

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ