ここから本文です

毎回さまざまなゲストが登場し、自身の衝撃的過去を反省する「有吉反省会」(日本テレビ・読売テレビ系)。3月15日の放送では、元・モーニング娘。の久住小春と俳優の川野太郎が"反省"しました。

★GYAO!にて"番組本編まるっと"無料配信中(PC・iOSのみ)>>


サムネイル
久住小春/Koharu Kusumi, Jun 05, 2013 : 「カラダのキモチ」のイベント=2013年6月5日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


■「やります!」と宣言したことを何一つやっていない

久住小春は、「今日から○○やります!」と宣言したことを、何一つやっていないことを反省します。
彼女のブログを見てみると、「今日からアロマテラピーやります」「今日から15分掃除します」......出てくるは出てくるは「やります!」宣言。しかし、その後「やりました」「やっています」という報告はどこにも出てきません。本人に聞いてみると、宣言したことをどれも、実践していませんでした。

■有吉「いいんじゃない」と大甘コメント頻発

スタジオでは、有吉が珍しく甘コメントです。久住の言い訳に、いちいち「いいんじゃない」「しょうがないね」と理解を示します。これにはゲストをはじめ、スタジオ中からブーイング。見届け人の博多大吉からは、「優しさは時として暴力になるよ。ちゃんと反省してもらわないと」と有吉をたしなめる発言も飛び出しました。唯一続いている梅干の話には、有吉は「すごいじゃん」。どうやら久住は有吉のタイプのようです。ついには見届け人の大久保佳代子から「ちゃんとやれ有吉」とデレデレぶりに喝が入りました。

そんな久住への禊は「巨大プラモデル作り」。
平均制作時間は約100時間。さすがに1日2日では完成しません。
この難題に久住が「イヤです」と言うと、なんと「じゃあ(ゲストの)ぱいぱいでか美にやらせる?」とここでも大甘ぶり。この禊の模様も放送されます。

■自分のブログをファンに書かせていたことを反省

川野太郎は、「書くのが面倒くさい」とブログの更新をファンに任せていることを反省します。
1985年のNHK朝の連続テレビ小説「澪(みお)つくし」で沢口靖子の相手役としてデビュー。御歳54歳というベテラン俳優です。本来、ブログは自身で更新して、プライベートな情報を提供するもの。しかし川野のブログは、「明日、川野太郎さんはマラソンを走ります」など、自分で書いていないことを隠してもいません。本人に話を聞いてみると、「丸投げですね。反省はしてます。ハハハハハ」と反省している様子は見られません。

■なんと自分のブログを読んでいなかったことが発覚

スタジオのトークでは、なんと川野本人がブログを読んでいないことも発覚。大久保佳代子から「好感度が下がってきている」と指摘されます。さらにはブログをチェックしていないせいで、悪いうわさが流れているといわれて川野も狼狽(ろうばい)。さて、その悪いうわさとは。

そんな川野への禊は、「ファンのブログを川野が更新」。普段の感謝を込めて、どんな日記をかいてくれるのでしょうか。

そして放送の最後には、今回の反省人・久住小春の禊「巨大プラモデル作り」の模様も放送されます。
途中でハプニングもありのプラモデル制作となりました。


「有吉反省会」(日本テレビ系)
・公式サイトはコチラ>>
・毎週日曜日22:30~
・MC:有吉弘行
★GYAO!にて"本編まるっと"無料配信中>>

(文/関口賢@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ