ここから本文です

元日本テレビアナウンサーで現在はフリーで活動する脊山麻理子が3月17日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に出演。局アナ時代にADと交際していたことを明かし、昨年8月の生放送での大失敗を挽回した。

サムネイル

脊山麻理子/Mariko Seyama, Sep 08, 2014 : 映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」のイベント=2014年9月8日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


局アナ時代はアイドルアナとして鳴らした脊山だが、同番組のぶっちゃけ大会で、「日テレ時代にADさんと付き合っていた」と告白。さらに交際のきっかけは、収録後にスタッフ含めて食事に行った際、お互い連絡先を交換したことだったとも明かした。

脊山は、昨年8月に同番組の生放送で暴露合戦が行われた際、暴露エピソードを期待されるなかで「なにもない~」とあせるままに時間切れを迎え、共演者たちから「もうロンハー呼ばれないね」と総スカンをくらったという苦い経験がある。その反省を生かして今回は用意してきたのだろう、心なしか得意げな表情で語っていた。

今度の脊山の告白には、スタジオ一同驚き。MCを務めるお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号・田村淳からは「なんで生放送のとき言わなかったんだよ」とツッコまれ、「帰ってから思い出しました」と弁解していた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ