ここから本文です

妻であるタレント・三船美佳と離婚係争中のロックバンド・THE 虎舞竜のボーカル・高橋ジョージが3月19日放送の「バイキング」(フジテレビ系)に出演。「訴状に書いてあることはまったく言ったことがない」とモラハラ疑惑を完全否定した。

サムネイル

高橋ジョージ/George Takahashi, Jan 22, 2014 : ゲームシリーズ最新作「龍が如く維新!」の完成披露記者会見に登場した高橋ジョージさん=2014年1月22日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


■だましうちの別居で離婚理由はわからず......

同番組では、高橋とタレント・薬丸裕英、丸岡いずみが都内の話題スポットを巡った。丸岡が「そもそも奥さんってなんで出ていっちゃったんですか?」と直球な質問をぶつけると、高橋は苦笑しつつも「わからないからこうなっちゃってる」と返答した。

高橋と三船は2013年12月より別居を始めたが、高橋いわく、別居はだましうちのように行われたのだという。大阪で3本のレギュラー番組を抱える三船から「大阪を拠点にしたい」と娘とともに住まいを別にすることは伝えられたものの、「嫌いだから別れて」「出て行く」といった意思は一言も伝えられていなかった。なので高橋はてっきり仕事の関係で離れるだけかと思っていたが、そのまま14カ月間別居状態に。昨年2月にイベントで共演した後の食事の場で、「あなたを支えきれなくなった」と初めて伝えられたという。しかし、それでも離婚といった話にはならず、三船の「夜中にパソコン打つのやめて」「子供ともっと遊んで」といった不満を聞いて高橋が謝るという形でその場は終わった。
また、別居後、高橋がライブで大阪に赴いた際に娘との接触もあった。三船は娘が高橋と食事に行って泊まることは許したが、「パパと一緒に東京行きたい」という言葉には「ダメ!」と強く反対。それ以来、高橋は娘とも会っていないそうだ。

■モラハラ疑惑に「そんな感覚まったくない!」

一部スポーツ紙は、高橋が三船に「人間的に価値がない」などの暴言を浴びせるモラルハラスメントを行っていたと報じていたが、「そんな感覚まったくない!」と高橋は完全否定する。「価値がない人間と夫婦生活送れますか?」「(記事に書いてあるフレーズは)言ってない!」と反論。「友人と遊ぶ際は、相手の名前や店についてメールしないといけない」といった外出禁止令についても、東日本大震災を受けて「いつどこでなにがあっても家族がすぐ連絡をとれるように『この店にいます』とかは(連絡)やろう」と決めていたからだと釈明。「なんのために行ったの?」「その必要があるの?」など外出自体をとがめるようなことはしていないと主張した。
さらに「モラハラがあったかないかは別として、彼女(三船)が感じたことだからわからない」と前置きしたうえで、「訴状の内容は言えないけど、訴状に書いてあることはまったく心当たりがない」と明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ