ここから本文です

お笑いタレント・松嶋尚美が3月23日に放送された「痛快TVスカッとジャパン」(フジテレビ系)で、新人時代にディレクターにいびられたことを告白した。

サムネイル

松嶋尚美/Naomi Matsushima, Feb 12, 2014 : =2014年2月12日撮影
レトルトカレー「ボンカレー」の"誕生日"記念イベント
写真:まんたんウェブ/アフロ


上京1年目のときに、ディレクターにいびられたという松嶋。生放送で「てにをは」を間違えてしまったことを、放送後の反省会でディレクターから指摘されたのだそうだ。
ディレクターの口調は鼻持ちならないものだったのだろうが、松嶋も負けてはいない。なんと「どうでもええやろ!(間違っていても)通じたわ」と言い返した。しかし、そのために今度は松嶋のマネジャーが外に連れ出され、「どういう教育しているんだ!」と怒られてしまったのだそうだ。

松嶋は、結局翌日までにあらためて謝罪しに行く流れとなってしまったと語る。だが、共演者に「それで、謝りに行ったの?」と聞かれると松嶋は、「ううん、シュウウエムラで買い物してた」とニッコリ。謝罪に行かず買い物に出かけていたことを明かし、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの内村光良は「どっちもどっちだな」とあきれ顔。スタジオからは笑いが上がった。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ