ここから本文です

昨年は広島東洋カープを応援する"カープ女子"が「ユーキャン新語・流行語大賞」の年間トップ10にランクインするなど、女性の野球ファンが増えてきている。

今回は、母のように温かなまなざしで選手を見守る"カープ女子"古田ちさこ、球場ではビール片手に叫ぶ! やじる!"TORACO"藤邑鈴香、内野席でじっくり観戦派のデータ好き"つばガール"山本祐香、ハマの番長・三浦大輔を愛するお祭り娘"ハマジョ"杜野まこが集結。シーズン開幕に向け、今年のセ・リーグの行方や、各球団の女子向けグッズ事情まで存分に語ってもらった。

サムネイル

(野球女子が出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」)
左から、"カープ女子"古田ちさこ、"TORACO"藤邑鈴香、"つばガール"山本祐香、"ハマジョ"杜野まこ


■今年のセ・リーグは大混戦の予感......!?

藤邑"TORACO":「『阪神が勝つ!』と言いたいところですけど......、今年は広島いかなきゃウソじゃないですか? 黒田博樹投手が復帰したし、やっぱり今年は広島が本命じゃないかな。あとはDeNAも要チェックだよね?」

古田"カープ女子":「去年のDeNAは勢いあったもんね。クライマックスシリーズ進出の可能性、結構残してたもん。」

杜野"ハマジョ":「なんてったって巨人に勝ち越した唯一の球団ですから!」

藤邑"TORACO":「本当によくやってくれたと思ってる!」

山本"つばガール":「DeNAは若手もいっぱいいるし、ルーキーふたりの二遊間も期待できそうだし、ダークホースだよね。すごいなにかを秘めてる感じがあるよ」

杜野"ハマジョ":「ベイスターズは今なんです! 中畑清監督になってからの流れを見てても、ようやく育ってきたってところがあるんで、ファンのひいき目を抜いても『今年はベイスターズくるんじゃない? Aクラスいけるんじゃない?』って気持ちはあるんですよ。
でも不安なのは、やっぱり巨人はいつになっても強いじゃないですか。今年はキャッチャー争いが激しくて、どの人がキャッチャーやっても投手陣を引っ張ってくれるって状況の中、投手たちは投手たちで争ってるから。そのバトルの中で叩(たた)き上げられた選手がバンッてそろったらどういう化学反応が起こるんだろう? 去年の巨人のデータのままでいくと、太刀打ちできないだろうな」

山本"つばガール":「去年の巨人は、7回とか8回とか後半のリリーフが安定していないところがあったから、そこが安定しちゃったら優勝は巨人しかないかなという気がする。なんといっても選手層が厚いよ」

古田"カープ女子":「私の応援しているカープは今年すごく注目されているんだけど、私としてはヤクルトが怖い。成瀬善久投手を獲得したり、結構な投手の補強があったんだよね。もともと"セ界の火薬庫"って呼ばれるくらい打力はあるし、最下位チームでも得点力はもってるんです。そこに投手力も加わったとなったら......。去年は故障も多かったから、ケガが治って選手が戻ってきたらもっと読めないですよね。去年の開幕前は中日が怖かったけど、今年はヤクルトが恐ろしい......」

山本"つばガール":「今年は本当に読めない! でもどのチームも競って混戦っていうのが、理想的な状態なんだと思います。そういう意味では、今年は楽しめそう」

■女子向けグッズをプロデュースさせて!

杜野"ハマジョ":「女子ファンは、球団のグッズが気になる人が多いと思うんですよね。心に残るプレーはもちろん素晴らしいけど、なにか形に残るものもほしい!」

山本"つばガール":「グッズを見て、『これを買ったときの試合は......』なんて思い出せるし、『こういうかわいいグッズがあってね』っていう方向から女友達を野球にハマらせたりできるし」

杜野"ハマジョ":「グッズといえばカープだよね。赤色だけの3色ボールペンとかアイデアがまず面白いし、女子向けグッズはドット柄だったりでデザインがかわいい。今年はグッズ330品目だっけ? 数も段違いに多いよね」

古田"カープ女子":「カープのグッズは球団だけじゃなくて、広島のいろんな起業が自ら発案して作っていたりするから種類が多いんだよ。街全体で盛り上がってる感じ」

山本"つばガール":「確かにカープのグッズは魅力的だけど、ベイスターズはコラボ路線を頑張ってるじゃん。『BEAMS』とか『Laundry』とかアパレル系とのコラボが多くて、他球団とは違う方向を進んでるよね」

藤邑"TORACO":「阪神も前は、女性向けや子供向けグッズをいろいろ作ってたのに、今は力尽きちゃったのかな......。『22番・藤川球児』のグッズがまだ売られてるんです(※22番は昨年より呉昇桓投手に変わった)」

山本"つばガール":「ヤクルトも、マスコットのつば九郎グッズはたくさんあるんだけど、選手のグッズが弱いかな。でも今年のヤクルトはやる気みたいだよ! この前女性FC会員に『女性ファンがほしいグッズや、開催してほしいイベントはなんですか?』ってアンケートが初めてきたの。『女性ファンはいい意味で金のなる木だし、もっと獲得に力を注いでもいいんじゃないか』って思ってたところだったから、余計にうれしかった」

藤邑"TORACO":「女子向けグッズは、やっぱり同性主導で作ったほうがいいものができそうだよね」

杜野"ハマジョ":「球団関係なく、私たちで野球女子向けのグッズをプロデュースできたらよくない!? ボール型のブレスレットとか!」

古田"カープ女子":「さりげなく普段使いできるものがいいよね」

■球団を超えて生まれる友情

古田"カープ女子":「すごく盛り上がっちゃってるんですけど、私と藤邑さんがイベントで共演したことがあるだけで、実はほかの全員が初対面なんです。なのに語っちゃったね(笑)」

山本"つばガール":「野球ってそういう楽しさがあるよ」

杜野"ハマジョ":「野球は人をつなぐ!」

古田"カープ女子":「『本当にファンなの?』って言いたくなるような自称カープファンよりも、同じくらいの熱量で応援している他球団のファンのほうがむしろ仲良くなれるっていうところはあるよね」

杜野"ハマジョ":「『違う球団のファンだから敵だ!』みたいなことは全然ないよね。違う球団を応援している同士でも、一緒にプロ野球の話で盛り上がれるなら楽しいし、いろいろ情報交換しているうちに逆に『うちの球団は外からそういう風に見えてるんだ!』みたいな発見ができることもある。だから応援している球団関係なく、女子ファンには増えてほしいな」

古田"カープ女子":「私、絶対やりたいことがあって、オールスターで12球団女子を集めて集合写真が撮りたいんだ......!」

藤邑・山本・杜野「やりたい!!」

古田"カープ女子":「じゃあ東京ドームで! そのためにも皆頑張ってチケット取ろうね(笑)」


インタビューが終わっても、まだまだ話し足りない様子だった野球女子4人。女性だからといって、どうせイケメン目当てのにわかファンだろうとあなどってはいけない。野球トークで盛り上がる彼女たちの目はきらきらと輝いており、"ガチ"な愛を感じさせた。座談会中には「自分たちでグッズをプロデュースしたい」という発言も飛び出していたが、この4人の熱量があれば夢ではないかも......!? 球界も、女子が元気な時代なのだ。

◆古田ちさこ(ふるた・ちさこ)(写真、一番左)
1985年12月20日生まれ、千葉県出身。モデルであり、"カープ女子神3"のひとりとして知られるほどの広島東洋カープファン。4月5日よりスタートするカープ女子応援番組「キミの瞳に鯉してる」(とちぎテレビほか)にレギュラー出演。
座右の銘は、「盛者必衰」。

◆藤邑鈴香(ふじむら・すずか)(写真、左から2番目)
1987年8月3日生まれ、東京都出身。大の阪神タイガースファンとして数々の野球イベントにも出演する声優。7月19日(日)に東京・阿佐ヶ谷ロフトにて開催する野球トークイベント「プロ野球ファンの集い」に出演。
座右の銘は、「平田勝男」(藤邑の愛する阪神の1軍ヘッドコーチ)。

◆山本祐香(やまもと・ゆうか)(写真、左から3番目)
1980年12月10日生まれ、北海道出身。東京ヤクルトスワローズの大ファンを公言するタレント、ラジオパーソナリティ。ニコニコ生放送にてネット番組「野球女子のお部屋へようこそ!」「笑福亭べ瓶のスワローズ一色!!」に出演中。
座右の銘は、「偉くなくとも正しく生きる」。

◆杜野まこ(もりの・まこ)(写真、一番右)
1987年1月24日生まれ、宮城県出身。横浜DeNAベイスターズの熱狂的なファンであるタレントで声優。ニコニコチャンネルにて隔週木曜配信のネット番組「灼熱野球バラエティ 野球がぁる」に出演中。
座右の銘は、「一球入魂」。

(取材・文/原田美紗@HEW
(写真:トレンドニュース)

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> 野球女子が出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」

カープ女子に続く野球ガールたちが登場 ぶるぺん(04:46)>>


女性誌も注目のスクワット応援とは ぶるぺん(02:00)>>


 ※その他の出演番組>>

・ハマジョオススメのイケメン選手は?
・TORACOイチオシの意外過ぎる選手?
・つばガールオススメのイケメン選手は?
・2015年優勝候補に広島の名があがる理由
・阪神ファンは広島の選手を○○で見てる?


■トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~

エンタメ業界を担う人が見ている"視線の先=考え、狙い、戦略"を一緒に見てみたい。
表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通して、"情報"にとどまらない「エンタメの真髄」に迫り、読者の皆様にお届けいたします。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ