ここから本文です

HKT48・指原莉乃が3月25日に自身のTwitterで、今年行われる「第7回選抜総選挙」(6月6日開票、福岡 ヤフオク!ドーム)への出馬を保留している件について、「怖いし疲れちゃったよ」と胸の内を明かした。

サムネイル

指原莉乃/Rino Sashihara(HKT48), Dec 27, 2014
復活するHKT48の冠バラエティー番組「HaKaTa百貨店3号館」の会見=2014年12月27日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


指原は3月22日、HKT48の全国ツアーの沖縄公演で、今年の総選挙について「出るかどうか決めていない」と発言。AKB48グループ屈指の人気メンバーでありながら不出馬の可能性もあることを示唆して、ファンやメンバーの間に衝撃を与えた。

指原は3月26日、出馬を求めるファンのリプライに答える形で、「いつも誰かのライバルになるのも本当に怖いし疲れちゃったよ」と吐露。「ただ去年のことを思い返すと怖いだけなんです」と打ち明けた。

昨年の総選挙では、おととし1位に輝いた指原を倒そうというムードが広がっていた。その空気が指原にとっては非常に居心地の悪いものだったのだろう。「知らない評論家? のおじさんに指原退治って言われたり、握手でたくさん嫌なこと言われたり」と振り返る指原。「去年2位だったのにまた指原退治って言われるのかな? いつもこの時期は弱気です」とこぼした。

なお、AKB48・小嶋陽菜も今年の総選挙については、3月23日に都内で開催されたイベントで「『どうする?』って感じ」と出馬を迷っていることを明かしていた。さらにSKE48・松井玲奈は3月24日にTwitterで不出馬を明言している。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ