ここから本文です

アイドルグループ・さくら学院の卒業生で現在はソロアイドルとして活動する武藤彩未が3月30日に自身のTwitterで、同グループの2014年度卒業生を祝福した。

サムネイル

武藤彩未/Ayami Muto, Apr 23, 2014 : デビュー会見を開いた武藤彩未さん=2014年4月23日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


さくら学院は、"成長期限定ユニット"として、メンバーは中学3年生の3月でグループを卒業するというルール。3月29日に東京・NHKホールにて、2014年度の卒業公演が開催された。卒業生は、メタルユニット・BABYMETALのメンバーでもある菊地最愛と水野由結、そして田口華、野津友那乃の4名。

2010年5月のグループ結成から"初代生徒会長(リーダー)"を務め、2012年3月に卒業した武藤は、後輩たちの卒業を祝福。卒業公演にも足を運んだようで、セットリストを振り返りながら「本当に私はさくら学院になれて幸せだなって思った瞬間でした」としみじみ。「さくら学院は卒業があるからいいんです。成長期の間、数々の課題にどれだけ悩み、乗り越え、吸収できるか。そして毎年、メンバーで試行錯誤しながら作る色。1秒1秒を無駄にしない強い気持ち、そしてなにより、さくら学院"愛"に溢れた今年度、ありがとう!」と熱く語っている。

なお、武藤は4月29日に東京・渋谷公会堂でバースデーライブを開催する予定。「次は私の番だ。さくら学院卒業生として恥じないよう、1ヶ月後の渋谷公会堂、最高の日にします!!」と気持ちを新たにし、「もちろん私だって、1人でNHKホール...目指しちゃいますよ~」と意気込んでいる。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ