ここから本文です

女優でタレントのうつみ宮土理が3月30日放送の「ノンストップ!」(フジテレビ系)にVTR出演。夫である俳優・愛川欽也が「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)(以下、「アド街」)のMCを降板した理由について言及した。

80歳と高齢なこともあり、一部メディアでは愛川の体調不良説もささやかれていたが、うつみは「どうしてマスコミの人って私たちを病気にしたがるのかなぁ」と苦笑い。「体調っていいときも悪いときもあって、口きかないでスタジオに入っていくときと『おはよー!』って入っていくときと違うと思うんですけど」と体調不良説を否定した。

では一体愛川はなぜ長寿番組を降板したのか? うつみは「『もうそろそろゆっくりしようかな』と言っていたような気がする。私は『そうすれば?』と言った」と明かす。とはいっても、うつみも深い事情は把握していないらしい。「お互い自由に生きる」というのが夫婦のルールだそうで、愛川から降板について相談は受けていなかったと語る。うつみは「うちはそんなの聞かない。本人が決断することだから。自分で決めればいいんです」とほほ笑んだ。

なお、愛川のマネジャーいわく、最近の愛川は、自身の劇団の活動や、自ら運営するインターネット放送局で討論番組に出演、映画を制作するなどしているとのこと。「アド街」を降板しても、活動自体は精力的に行っているようだ。

愛川は「出没!アド街ック天国」のMCを1995年の番組スタート以来約20年間担当してきたが、3月7日の放送1000回で降板。4月からV6・井ノ原快彦が新MCを務める。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ