ここから本文です

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が、4月2日に放送されたラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で、同局の「福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル 魂のラジオ」が3月末で23年間の歴史に幕を下ろしたことに「さみしくなりますね」とコメントした。

サムネイル

岡村隆史/Takashi Okamura(ナインティナイン/NINETY-NINE), Jan 09, 2015 : 新バラエティー番組「時間がある人しか出れないTV」の会見に登場したお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん=2015年1月9日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


岡村は1994年に放送開始した「ナインティナインのオールナイトニッポン」から、相方の矢部浩之が番組を卒業して新たにスタートした現在の「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」に至るまで、21年間にわたり「オールナイトニッポン」のパーソナリティを担当している。

同じく長期間パーソナリティを務めた福山の卒業には思うところがあるようで、「福山さんのラジオは23年もやられたんでしょ?」「昔の有楽町(ニッポン放送の所在地)とかを知らない人たちがオールナイトをやってるんですね。お台場に一度移ったのも知らないんでしょ? さみしくなりますね」とポツリ。
しかし、自身が番組を辞めることはまだ考えてないそうで「(自分が)老害みたいなことになってきてんじゃないかとドキドキしますけど、ほんまに辞めませんよ」と宣言。そして、福山が「オールナイトニッポン」を卒業した日、ニッポン放送本社の正面入口にレッドカーペットが引かれたことを話題に出し、「私が辞めるときはレッドカーペットをお願いしますね」と茶目っ気たっぷりに語った。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ