ここから本文です

モデルで女優の水原希子が4月8日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)で、「親友がいない」と悩みを告白。女友達とのショッキングなエピソードを明かした。

サムネイル

水原希子/Kiko Mizuhara, Jul 22, 2014 : "6代目きれいなおねえさん"への起用が決まった水原希子さん=パナソニックの美容家電「Panasonic Beauty」の新製品発表会で=2014年7月22日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


「親友までのレベルにいくお友達がいない」「家族ぐらいのレベルの人じゃないと、気を使わずに話せる人がいない」という水原は、深い付き合いをする相手は必要なのかどうかと悩みを明かす。そもそも女性同士の友情というもの自体に少々疑問を抱いているそうで、「私は(友人に)尽くすけど、自分のためにしてくれる人はきっといないんだろうなと思っちゃう」と悲観した。

男性的なサッパリした付き合いに憧れる水原は、友人も「年上の人や男性とか中性的な方が多い」とのこと。親友になれそうな同性が現れても、長続きしてこなかったと嘆く。そして、「一番傷ついたのは、私が仕事をすごく頑張ってうまくいってることに対して、『ジェラシーを感じた』って言われたこと」と過去のトラウマを告白。「そういうつもりで私は付き合ってないのに。楽しい時間を共有してたのに、(嫉妬してたと)言われたときにすごく引いちゃった。そういう感じでしか見てなかったんだ......」とつらい体験を振り返った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ