ここから本文です

お笑いコンビ・さまぁ~ずの三村マサカズとお笑いタレント・有吉弘行が4月8日にTwitterで、人気バラエティ「内村プロデュース」(テレビ朝日系)(以下、内P)復活への思いを語り合った。

サムネイル

有吉弘行/Hiroiki Ariyoshi, Feb 17, 2015 : 「マイナビ2016」の新CM発表会に登場した有吉弘行さん=2015年2月17日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


4月7日深夜に放送された有吉の冠番組「有吉の壁」(日本テレビ系)は、若手芸人たちが有吉に芸人として認められるべくむちゃぶりにも立ち向かうという内容のバラエティ。三村はこの番組に「内P」イズムのようなものを感じたらしく、自身のTwitterで「オープニングでわかったよ。有吉。お前の内村プロデュース魂。実現に向けてやってるぜ!!」とツイートした。

「内P」は、猿岩石のブームが去ってどん底にあった有吉が久々に全国放送出演を果たした番組。番組内で演じた"猫男爵"のキャラが好評だったことで月収数万円の極貧生活から回復できたという、いわば有吉の再ブレイクのきっかけともいえる存在だ。

三村のツイートに有吉は「はい。好きなんです。。。」と返信。三村も「ただ俺たちの力だけではどうにもならない力が待ち受けてるかもよ。でも絶対実現するからな!」「こんなムードがあるなかでテレ朝は内村プロデュースをやらないわけがない!男気に期待しましょう!!」と「内P」復活への熱い思いを語った。

ネット上でも、「有吉の壁」に「内P」を感じたという声は多い。単発番組として放送された「有吉の壁」だが、

「有吉の壁のこの内P臭wイイゾもっとやれ!!」
「有吉の壁の内容がほとんど内村プロデュースで、懐かしくて泣いてる」
「すっっっごいおもしろい!! レギュラー化求む!! 内Pを思い出したな?!」

と早くもレギュラー化が求められている。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ