ここから本文です

フリーアナウンサー・徳光和夫の次男であるタレント・徳光正行が、父親の生涯年収を「130億円くらい」と憶測した。

サムネイル

徳光和夫/Kazuo Tokumitsu, Dec 15, 2014 : 「アメリカ横断ウルトラクイズ」について語った徳光和夫さん=2014年12月15日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


和夫は、以前テレビ番組で「競艇でトータル5億円は負けている」と告白していたが、正行は同番組で「競馬を入れると12~3億は負けてる。それだけ稼いでいるからいいと思うんだけどね」と暴露。スタッフが「(お父さんは)どのくらい稼いでいらっしゃるんですか?」と恐る恐る聞くと、正行は「まあ(負けた13億の)10倍くらいは稼いでいるんじゃないですか」と和夫の生涯年収が約130億円ほどなのではないかと推測した。

さらに和夫は今年43歳になる正行にいまだにお年玉をあげているのだという。その額は「ずっと10万円」だそうで、和夫は息子にお年玉だけでこれまでトータル300万円以上渡していることが判明。その太っ腹ぶりに、スタジオからは驚きの声があがった。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ