ここから本文です

アナウンサーの川田裕美が4月13日に放送された「しゃべくり007」(日本テレビ)に出演。フリー転身前、勤め先である読売テレビを退社するかどうか悩むあまり、全身にじんましんができてしまったことを明かした。

サムネイル

川田裕美/Hiromi Kawata, Apr 02, 2015 : 初のメインMCが決まったフリーアナウンサーの川田裕美さん
「すもももももも!『ピーチCAFE』」(読売テレビ)の会見で=2015年4月2日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


川田は3月末に読売テレビを退社して、フリーアナウンサーに転身したばかり。フリーになるにあたってはかなり悩んだようで、「(読売テレビを)やめようかな、どうしようかなと思っていたときは、全身にちっちゃいじんましんができていました」と告白した。

退社については、2011年から4年間司会を務めてきた「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)でともに司会を務めたフリーアナウンサー・宮根誠司にも2年前から相談していたそう。宮根からは「あと1年くらいミヤネ屋で皆に知ってもらってからのほうがいいんじゃないかな」とアドバイスを受けた。その1年後に再度相談すると、宮根から「そこまで気持ちが変わらないのなら、フリーになったほうがいいと思う。俺応援するから。わからないことがあったらなんでも聞いて」と激励されたという。川田は「宮根さんは本当に優しい人」と感謝を述べた。

今のところテレビでのレギュラーは0本。共演者から「不安じゃないの?」と聞かれたが、川田は「人生はプラマイ(プラスマイナス)でうまくできるようになっているんじゃないかなと思う」と返答。新たな旅路に前向きな考えを示した。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ