ここから本文です

「出没!アド街ック天国」(テレビ東京系)でレギュラーを務めるタレント・薬丸裕英が4月17日、ブログを更新。同番組で20年間司会を担当していた、俳優・愛川欽也さんの訃報にショックを示した。

サムネイル

薬丸裕英/Hirohide Yakumaru, Dec 18, 2013 : 独自の子育て論を語った薬丸裕英さん=2013年12月18日撮影 「キッザニア体験とこどもの成長」をテーマにしたトークショー
写真:まんたんウェブ/アフロ


ネットニュースで愛川さん死去を知ったという薬丸は、「暫く放心状態でした」と明かす。愛川さんが肺がんをわずらっていたことも知らなかったそうで、「『出没!アド街ック天国』のスタッフ・レギュラー陣 誰1人知らなかったと思います」と語る。「おそらく愛川さんが我々に『心配をかけたくない』という考えから身内の方以外は誰にも告げずに最後までお仕事をされていたのだと思います。お辛い時もあった事と思われますがそういうことを全く表に出さず何事もないような元気なそぶりで明るく仕事を全うされた事など同じ仕事をさせていただく者として心からの尊敬の念を抱いております」と愛川さんの心中を慮るとともに称賛した。

3月7日放送の「アド街」1000回放送で愛川さんが番組を降板してから、薬丸が愛川さんと対面することはなかった。「残念の一言に尽きます」と悔やむ薬丸。同番組以外に「なるほど!ザ・ワールド」(フジテレビ系)などでも共演し、また、シブがき隊が解散してから最初の仕事となったドラマでも愛川さんと一緒だったという。薬丸はそれらを振り返り、「たくさんの想い出があり過ぎて今は心の整理がつきませんが感謝の気持ちでいっぱいです。謹んでお悔やみ申し上げます」と追悼した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ