ここから本文です

岡野あつこ氏は離婚カウンセラー歴24年間、これまで3万件以上の相談に携わってきたというまさに夫婦問題のスペシャリストだ。深い知識と洞察力から、「私の何がイケないの?」(TBS系)や「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)などテレビ番組にも多数出演する岡野氏が今一番気になる芸能人夫婦とは......? そして、高橋ジョージ&三船美佳の離婚騒動はなぜ起こってしまったのか?

これはオフレコ!? 理想の芸能人夫婦から、芸能界を騒がすモラハラ問題まで、岡野氏に歯に衣着せず語ってもらった。

サムネイル

写真:トレンドニュース


■観月ありさ夫婦に物申す!

「私がね、今ちょっと気になってるのは観月ありささんご夫婦なの。なぜかって旦那さんは大きな会社の社長さんで、前妻もタレントの上原さくらさんでやっぱり芸能人。きっと旦那さんは、恋人に、一緒に歩いて自慢できることを求めるタイプなのよ。容姿が整っていたり、すごいキャリアをもってたり、相手のステータスを重要視するんでしょうね。だから私が観月さんにアドバイスしたいのは、"家庭に入るな"ってこと。夫の帰りを手料理用意してしおらしく待って......なんていわゆる良妻タイプになっちゃうよりも、もっともっと仕事を頑張って、彼もびっくりするような大きな仕事をとってくる。このご夫婦に関しては、奥さんが仕事をバリバリやるのが夫婦円満のヒケツね。......なんて、新婚ホヤホヤの一番いいときに水を差しちゃってすみません。

芸能界の男女問題は一般人と違って特殊、なんてこと今はないんです。普通の家庭だったら隠すようなこまごました事情も全部テレビで取り上げられてしまうから、なんだか変わってみえるだけ。どのニュースも、夫婦問題研究家の私からしたら、あるあるって話なんです。人のふり見てわが振り直せ。芸能人の話題から自分の家庭のことをちょっと反省して学ぶっていうのが大切です」

■男性芸能人へ、モラハラ炎上したくないなら......

「芸能界で今話題になってる夫婦問題といえば、なんといってもモラハラですよね。栗田貫一さんに東国原英夫さんと、いろんな人が夫婦でテレビ出演した結果、『妻への接し方がモラハラだ!』なんて炎上しちゃっていますけども。だから芸能界の男性陣に、テレビで奥さんにこれをやったらアウトだよってポイントをいくつか挙げるとすれば、まずは、"奥さんの話をさえぎらない"ってこと。奥さんの話をさえぎって旦那さんが自分の話を始める、そのうえ『お前は黙ってろ』なんて言った日には、見ている側は違和感を感じちゃいますよね。ほかには、奥さんがしゃべっているのを無視したりなんかも注意です。ちゃんと相づちを打ってる姿を見ると、すてきな旦那さんだなと周りは思うものですよ。

ただ、やっぱりモラハラって思うかどうかって、普段のキャラクターとかその場の雰囲気のような部分も大きいから難しいんですよね。中尾彬さんなんて池波志乃さんにキツいことも言いますけど、池波さんはニコニコしていますよね。だから意外とモラハラを感じさせないんです。自分の普段やっていることがモラハラに見えるのか不安になったら、第三者に意見を求めてみるのもひとつの手です」

■坂上忍いわく、年の差婚はモラハラが多い?

「高橋ジョージさんと三船美佳さんって年の差婚のなかでもちょっと変わったケースなの。なぜかって年齢差は24歳と大きいけど、三船さんはもともとジョージさんのファンで彼が絶頂にいるときに一緒になったから、普通の年の差婚と違って、包容力とかじゃなくてかっこよさ目当てで結婚しているわけで、枯れた部分を知らないまま結婚しちゃったの。若くて精悍(せいかん)なイメージのジョージさんを好きになったから、年をとるにつれて嫌になってきちゃったっていう部分もあるかもね。この夫婦には、いろんなことを考えさせられます。

このふたりの離婚騒ぎに対して坂上忍さんはバラエティ番組で、『年下と付き合ったら、そりゃモラハラなんてありますよ』なんて、年の差夫婦だったらモラハラはあって当然みたいな意見をおっしゃってたけど、私の考えは違うんですよ。現代で年上男性と付き合う女性っていうのは、グイグイリードしてくれることよりも、優しさとか包容力を期待しています。芸能人でいうと、石田純一さんみたいなおじさんがモテるのね。だから年上の役割は年下を叱ってでも導くこと......なんて気持ちでいたら、いつかモラハラ加害者になってしまいかねません」

■芸能界の理想の夫婦

「いろんな夫婦のことをあれこれ言ってしまいましたけど、芸能界にはすてきな夫婦も多いんですよ。ヒロミさんと松本伊代さんなんて、すっごくいい。『ママは仕方ない、ママは仕方ない』なんて言葉だけだと妻を下げているようでも、もう伊代さんのことが大好きなのがビンビン伝わりますもの。あとは木村拓哉さんと工藤静香さんも素晴らしい。木村さんのアイドルってお仕事を理解してるから、工藤さんは夫婦の話を絶対しないですよね。渡辺徹さんと榊原郁恵さんも仲がいいし、いい夫婦には学ぶことが多いです。

やっぱり理想の夫婦っていうのは、お互いがそれぞれの長所を見つけられる関係です。理想なんて上を見ていったらきりがない、だから周りを見渡して『あの人に比べてこんなこともできない』じゃなくて、『この人はこんなことができる』『この人はこんなとこがすてき』って相手のことをしっかり見つめてあげることが一番。幸せの形っていうのは、夫婦の数だけあるんですから」


この世の中に、自分たちにとってベストな"幸せの形"を見つけられた夫婦はどれだけいるのだろう? テレビの中の騒動をひとごとと思わず、人のふり見て......とつねに気を引き締める姿勢こそが、幸せをつかむ近道のようだ。

☆最新著書『「最高の離婚」のつくりかた──The Best Divorce』が発売中。岡野氏が離婚をめぐる30の悩みにアドバイスを送る。

◆岡野あつこ(おかのあつこ)
1954年8月5日生まれ、埼玉県出身。1991年に結婚・離婚・再婚に関するカウンセラー事業を開始。「離婚しないに越したことはない!」を合言葉に、夫婦問題解決のプロとしてこれまで3万件以上の相談に携わってきた。
座右の銘は、離婚は頑張った人に結果が出るというエールを込めて、「ネバーギブアップ」。

(取材・文/原田美紗@HEW

■トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている"視線の先=考え、狙い、戦略"を一緒に見てみたい。
表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通して、"情報"にとどまらない「エンタメの真髄」に迫り、読者の皆様にお届けいたします。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> 岡野あつこが出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」


結婚相手の浮気を見抜く「とは」の法則?ぶるぺん(00:01:21)>>


離婚してしまう人に共通する特徴とは?ぶるぺん(00:01:31)>>


 ※その他の出演番組>>

・離婚カウンセラー誕生のきっかけ
・近年増えている夫婦問題の特徴とは
・芸能界でも話題のモラハラのメカニズム
・最近話題の産後クライシスとは?

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ