ここから本文です

妊娠5カ月を発表した女優・大和田美帆が4月24日にブログで、自身の妊娠をめぐる報道の内容を訂正。多嚢(のう)胞性卵巣症候群(PCOS)は、「難病」ではなくあくまで「体質」であることを説明した。

大和田は4月23日にブログで妊娠5カ月を発表。「卵子が大きく育たないためにうまく排卵されない体質らしく」と2年前にPCOSと診断され、医師からも「妊娠はしづらい」と通告されていたなかでの妊娠だと明かしていた。

大和田は翌24日、ブログを更新。ファンの祝福に感謝を述べるとともに、一部メディアがPCOSを「難病」だと報じていたとして、「PCOSは難病でも病気でもなく『体質』であることだけは誤解なきよう、よろしくお願いします」と説明。

「きっと私の文章力のなさも影響して、ニュースには『難病』だとか『病気』だとか大げさに書かれててしまい、同じPCOSの方、何よりもっと大変な思いをされてる方に嫌な思いをさせてしまったようで、本当にごめんなさい」(原文ママ)と騒動をわびるとともに、「『難病乗り越え』『病気乗り越え』の記事に私もびっくりしてしまいました」と語った。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ