ここから本文です

お笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基が4月6日放送の「HKT48のおでかけ!」(TBS系)で、吉本興業の養成所・NSCを学費未納で退学処分になっていたことを告白した。

サムネイル

後藤輝基/Terumoto Goto(フットボールアワー/Footballhour), Sep 01, 2014 : 映画「猿の惑星:新世紀(ライジング)」(マット・リーブス監督)のヒット祈願イベントに登場した「フットボールアワー」の後藤輝基さん=2014年9月1日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


HKT48・指原莉乃から「吉本の学校には何年くらい行くんですか?」とたずねられた後藤は、「1年くらいかな」「学費は当時40万円くらいだった」と返答。そして、なんと自身はお金がなかったため、途中から学費を払わなかったことを明かした。
だが、学費を納めないまま3カ月ほど経つと、NSCの扉に後藤も含めた生徒たちへの退学処分の通達が貼られてしまった。だが、後藤は意に介さなかったそう。「関係あらへんと思って(授業に)行ってましたけどね。出席なんかとってないし」とズルをしていたことを告白した。

指原に「じゃあ正式には卒業してないってことですか?」と聞かれると、「卒業してないねん」とアッサリ。「所属って言われたこともない。突き詰めていったら、吉本と俺達は契約もしていない。"仲良し"ってだけやねん」と語ってみせ、指原を驚かせた。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ