ここから本文です

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が5月7日深夜放送のラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送)で、今年の「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)の総合司会にナインティナインが起用された舞台裏を明かした。

サムネイル

岡村隆史/Takashi Okamura(ナインティナイン/NINETY-NINE), Jan 09, 2015 : 新バラエティー番組「時間がある人しか出れないTV」の会見に登場したお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん=2015年1月9日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


同コンビが「FNS27時間テレビ」の総合司会を担当するのは、4年ぶり3回目。だが岡村は、今年も自分たちが抜擢されるとはまったく予想していなかったという。「実際今年は油断してまして、絶対僕らじゃないやろって思ってたんですよ。どこかでお手伝いできればいいなぐらいで」とぶっちゃける。

なぜかというと、同番組で何度も司会を務める明石家さんまが今年ちょうど60歳の誕生日を迎えるから。「だからさんまさんが『27時間テレビ』をやりはんねやろな」と考えていた岡村だったが、なんとさんまは前々から決まっていた舞台の仕事が入っていたそう。「(さんまが)どうしても『27時間テレビ』を通しでできないということで、多分僕らにまわってきたんでしょう」と憶測した。

初めてではないといえ、「FNS27時間テレビ」という大舞台に緊張を示す岡村。「今2回くらいちょっと打ち合わせしましたけど、僕多分死にますよ」と冗談めかして語った。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ