ここから本文です

お笑いタレント・山本圭壱がパーソナリティを務めるラジオ番組「極楽とんぼ 山本圭壱のいよいよですよ。」(宮崎サンシャインFM)の第2回が5月12日、放送された。

8年10カ月ぶりのラジオ出演となった5月5日の初回放送を、山本は「カミカミだった」と苦笑する。自身でも放送を聞き返したが、あまりの噛(か)みぶりに結局途中で聞くのをやめてしまったという。山本は「柔らかいトークをしていきたいと思います。宮崎の温かい人となりが全国に伝わっていくといいな」と意気込む。「リスナーから叱咤激励あっていいと思います」と意見を求めつつも、「都合のいいやつは都合のいいように解釈して、都合の悪いやつは『ですねー、ですです』っていう感じでいきたいと思います」と冗談めかして自身のスタンスを示した。

また、芸能活動を再開させた山本だが、まだ順調とはいえない状況らしい。1日のスケジュールについてリスナーから質問をぶつけられると、「スケジュールは真っ白です」とキッパリ。ただ今後などについてのミーティングや打ち合わせは多く重ねているそうで、「実はライブもまたやっていこうかなと今考えていまして」と語る。ちょうど3、4日前に全国何カ所かでお笑いライブを行う企画が固まったそうだ。ほかにも「まだ言えない」としつつ、「別口のライブ」を準備中であることも明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ