ここから本文です

元女子プロレスラーの北斗晶が5月12日に放送された「解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ系)で、女優の三船美佳から、夫であるミュージシャン・高橋ジョージとの夫婦問題が公になる前の一昨年の時点ですでに離婚について相談を受けていたことを明かした。

サムネイル

北斗晶/Akira Hokuto, May 08, 2014 : 第7回ベストマザー賞2014=2014年5月8日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


一緒に旅行に行くなど、かねて家族ぐるみで付き合っていた北斗と三船。だからこそ三船は早い段階で北斗に悩みを打ち明けたらしい。北斗は、「一昨年の秋口『話したいことがある』ってLINEくれたときに、『あっ、うまくいってないんだな』ってすぐわかった」と一昨年すでに三船が離婚を考え始めていたことを明かす。
そして三船と高橋はとてもいい夫婦だったと前置きしたうえで、「もし私が『何が原因だと思いますか?』って聞かれたら、(高橋が)旦那さんというよりもお父さんのようだった(と答える)。いつの間にか三船美佳ちゃんのお父さんになっていて、娘ちゃんのおじいちゃんみたいになっていた」と語り、三船はほほ笑みつつ「そっか」と頷(うなず)いた。

北斗に「今、充実してる?」と聞かれた三船は、「今本当に、ものすごく笑って過ごしているかもしれない。あと涙も感動の涙がすごい増えたし......。ジョージさんにも幸せなスタートを切ってほしいなって思います。自分たちが本当に今幸せだなって感謝できているので。すべてが丸く収まってほしい。これ以上(騒ぎが)大きくなって長引くと子供にとってもよくない」と涙ながらに答えた。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ