ここから本文です

元モーニング娘。の矢口真里が5月12日放送の「有田チルドレン」(TBS系)で、「人生の教科書」だという人気漫画『ONE PIECE』(以下、ワンピース)について「芸能界と通じるものがある」と熱弁した。

サムネイル

矢口真里/Mari Yaguchi, Mar 28, 2015 : 「SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2015」のオープニングセレモニー=2015年3月28日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


漫画好きで知られる矢口だが、特にお気に入りなのがワンピース。休業中に家にひきこもっていたときも読み返していたのだそう。作品から学ぶことも多いようで、矢口は主人公・ルフィの「おれは剣術を使えねェんだコノヤロー!!! 航海術も持ってねェし!!! 料理も作れねェし!! ウソもつけねェ!! おれは助けてもらわねェと生きていけねェ自信がある!!!」という言葉は芸能界に通ずるものがあると評する。
「例えば芸能界で言うと、カメラマンさんがいて、音声さんがいて、照明さんがいて、(スタッフがいないと)輝けない自信があるっていうのに通じてるなって。すごくいいセリフだなって思って励まされたんです」と語る。そして「私ワンピースは人生の教科書と思って生きてるんです。だけどワンピースには恋愛描写がないので、そこ(恋愛)で失敗しました」と"オチ"をつけた。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ