ここから本文です

はたから見ればテレビの中で輝いている芸能人のなかにも、ひきこもりや不登校という過去を持つ人々がいる。一体誰がどんな理由で不登校になってしまったのだろうか?

サムネイル

写真:まんたんウェブ/アフロ


■マツコ・デラックス

今やレギュラー番組を9本も抱える超売れっ子のマツコ。実は「子供でいるのが疲れちゃって、学校の雰囲気がものすごく嫌になった」ことがあり、不登校になってしまった過去をもつ。結局マツコは「周囲と仲良くする必要もないし、ひとりで生きていけばいい」と悟り、幸いにも不登校の期間は短いものですんだそう。どうやらクールな考え方をするのは、子供の頃からだったらしい。

■指原莉乃

HKT48の指原莉乃といえば、今をときめくアイドルのひとりだが、15歳のときに一度ひきこもりを経験している。あまり学校が楽しくなく、なじめなかったようで、過激ではなかったもののイジメにあってしまったことも。「何度か学校を休むうちに、行くタイミングがわからなくなってしまった」そうで、5カ月ほど学校に行かず不登校になってしまった。さすがに高校には行かないといけないが、地元の高校に行けば、中学時代のいじめっ子たちと遭遇してしまう。そんな苦しい状況のなかで、東京に行ける望みをかけてアイドルオーディションに挑戦したのが始まりだった。「自分はきっかけがあったからよかったけれど、オーディションに受かっていなかったら家から出ていなかった」と振り返っている。

■山田ルイ53世

「ルネッサ~ンス♪」のセリフでおなじみのお笑いコンビ・髭男爵の山田ルイ53世。進学校に通ういわゆる優等生だった山田だが、中学2年生のときに、通学途中で大便を漏らすという大失態を犯してしまう。大変なアクシデントに山田も友人も何も言えず......。耐え切れず山田は帰宅。幸いすぐ夏休みに入ったものの、そこでプツンと頑張りの糸が切れてしまったのか、9月の始業式の朝にはベッドから出られなくなってしまった。一度学校を休むとなかなか復帰できず、ただただ毎日家の2階から通学路を歩く知り合いをぼんやりと眺める日々が続いたのだそう。

■最上もが

武道館単独公演を成功させた人気アイドルグループ・でんぱ組.incの紫担当こと最上もがには、人間関係につまずいて8年間ひきこもった過去がある。青春時代は、ネットゲームに明け暮れる、いわゆる"廃人"生活を送っていた。なんとパソコン3台を駆使し、1台は足でキーを押していたという。目標だった武道館を終えた後、最上はブログで「決して明るい人生を歩んできたわけじゃなくて」「アイドルになることなんて想像もしてなくて」としつつ、支えてくれるファンの存在に「胸を張ってぼくはステージに立ててたよ」と報告した。
ネットゲームの中で男性プレーヤーを装っていた名残から、最上は現在も一人称に「ぼく」を使っている。

人気者にも苦労した過去がある。引きこもりや不登校を乗り越えて活躍している彼らの存在が、人々を勇気づけているのかもしれない。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ