ここから本文です

大先輩であるAKB48・高橋みなみの名言「努力は必ず報われる」にも「無理なことは無理」とクールに言い放ったことが先日話題になるなど、AKB48・島崎遥香の"塩対応"が話題だ。塩対応とはそっけない態度を意味する言葉。たとえば、島崎はトークライブアプリ「755」で、ファンからの「おやすみチューしよ」というメッセージを「冗談、キツイですよ」とバッサリ。ほかにも「ぱるるさん! 可愛いです」というコメントには「あーどうも」となんともあっさりな返事を返している。そんな島崎の"塩発言"の一部をまとめた。

サムネイル

島崎遥香/Haruka Shimazaki(AKB48), Apr 22, 2015 : AKB48の40枚目のシングル「僕たちは戦わない」のミュージックビデオの試写会=2015年4月22日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


■たかみな名言は「しっくりこない」

島崎は「淳・ぱるるの○○バイト!」(フジテレビ系)のなかで、高橋みなみの名言「努力は必ず報われる」に渋い顔。「先輩が言ってるので、ちょっと言いづらいんですけど......自分的にはしっくりこない言葉」「無理なことは無理じゃないですか」と正直な思いをぶっちゃけた。

■好きなタイプは"AKBに興味がない人"

自分を応援してくれるファンにも島崎は一切容赦なし。「755」でファンから好きなタイプを聞かれると、「男性も女性もAKBに興味がない人に惹かれます」と衝撃発言。さらに「握手会でイケメンだと思った人はいますか?」とたずねられた際も「いません」とキッパリ。「NGT48ができたら新潟きてくれる?」というファンの期待も「行きません」とぶった切った。

■田村淳にも「とくに話すことがない......」

島崎は「淳・ぱるるの○○バイト!」で、一緒にMCを務めることになったお笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号の田村淳にも「とくに話すことがない......」「結構しゃべるんですね、すごく(場の空気に)耐え切れない感じ」と相変わらずのそっけなさを貫いた。ただ、田村は放送後、「素直で真っ直ぐな子w」とツイート。意外にも塩対応を面白がっていた。

■妖怪・ジバニャンにも塩対応全開

島崎の塩対応は人間以外にもおよぶ。アニメ映画『映画 妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』のイベントで人気キャラクター・ジバニャンに「ぱるるはオレっちのことが好きって聞いたけど本当ニャン?」と聞かれると、「本当ですかね?」「弟が好きです」とクールな返答。ジバニャンも負けじと「今日でオレっちのことも好きになったニャン?」と続けたものの、島崎は「ちょっと」と冷たい反応で笑いを誘った。


枚挙にいとまがない島崎の塩発言。お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史に「塩対応なんかあかんで!」「『ありがとうございます』って言うとかなあかんぞ!」とお叱りを食らってしまったこともあるが、このあまりにもあっさりしている発言の数々は、意外とファンには好印象な様子。ネット上では、

「ファンだからって嫌な奴にでもしっぽ振らないとこがいい」
「島崎が人気なのは塩対応(周りに合わせて媚びたりしない)だから」
「こういう冷めた発言を夢を売るはずのアイドルがするのは珍しいから好き」

など、逆に島崎に好感を覚えるという意見が上がっている。一方で島崎には「755」でファンの悩み相談にのったり、やりとりに夢中になりすぎて寝不足になってしまうなど優しい一面もある。数々の塩対応は、決してファンや共演者を邪険に扱っているわけではなく、本音でぶつかっているからこそなのかもしれない。
AKB48の総合プロデューサーの秋元康氏は、そんな島崎の魅力について過去にラジオ番組で「面白いですよね」「クリエイター側の人間は、予定調和じゃない人に惹(ひ)かれる」と語っている。

塩対応、でもうそはつかない島崎。ファンに媚(こ)びず芸能界の先輩にすら物怖じしない素直さが、その人気の秘密のようだ。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ