ここから本文です

歌手でタレントのmisonoが5月29日、ブログを更新。盗撮に苦言を呈し、とくに姉である歌手・倖田來未とその息子には控えてほしいと呼びかけた。

サムネイル

misono, Nov 07, 2012 : 「東京ドームシティ LOVE イルミネーション」の点灯式に登場したmisonoさん=2012年11月7日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


misonoは、倖田も含め北海道に家族旅行に行ったことを報告。以前沖縄に家族旅行に行ったときよりもゆっくりできたとして、その理由を「前回の宮古島では『サイン&握手』と、囲まれたり、盗撮&ツイートをされたり、ファンじゃない一般の人にまで『コウダ姉妹が、今、ココにいる』と呟かれてたみたいだから、後ろをついてくる人がいたりして、大変だったから...」(原文ママ、以下同)と明かしている。

misonoは「姉には、子供がいる訳で、顔も名前も出してないから、(妹としての勝手な意見だけど...)盗撮&ツイートは『やめてあげてほしいなぁ』と思う...」と倖田親子への盗撮に自粛を呼びかける。かつて倖田が「写真撮影は、無理だけど、握手&サインなら」と誠実な対応をとっていたにも関わらず、後から盗撮写真をネット上にアップされたことがあると明かし、「怒りというよりも、ショックだったなぁ...」と振り返る。

misonoは「後ろ姿でも、遠くから気付かれないよーに撮って...その写真を載せたりするのは何で?! 気持ちを押さえきれずに、撮ってしまったとしても、ツイッターにアップしたりしないで、せめて、自分の携帯に保存するだけにするとか...自分の携帯に写真があるだけじゃ嫌なの? それだけで幸せになれたりしない? ツイートまでしないと、満足できないものなのかなぁ? でも、プライベートの情報を"なう"で、知れたり、姉妹の写真を見れたりする事は、『やった~ラッキー』『羨ましい!いーなー』くらいの、反応の方が多いのかな?!『ファンなら、そーゆー事しちゃダメだよ』って言う人は、いないのかな?!」と盗撮に疑問を投げかけた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ