ここから本文です

「あばよ!」が代名詞となっている、柳沢慎吾。今年に入ってからも「あばよ!」関連の仕事がほぼ毎月あるそうだが、そもそもその決めぜりふが誕生したのは、1989年放送のバラエティ番組内から。26年という歳月がたった現在も「あばよ!」は古びず飽きられることなく、笑いと需要は増す一方だ。流行り廃りの早い世の中にあって、この持続力。しかし柳沢には「あばよ!」アレルギーに襲われた時期があったそうだ。それを救った出来事とはーー。

サムネイル

6月6日からのBS12ch TwellVの「ハワイに恋して~CRAZY FOR HAWAII~」に登場
写真:トレンドニュース


とんねるずが司会を務めた特番内のカップル誕生企画「芸能人ねるとんコーナー」に出演した柳沢は、愛を告白した相手にフラれた瞬間、思わず「あばよ!」と口にした......。それがすべての始まりだった。しかしはやりものの常として、それ以降の柳沢には「あばよ!」が付いて回る。「しばらく言っているうちに、"もういいだろう"って自分の中でも飽きちゃいまして、封印しようと本気で思っていた時期もありました」と振り返る。そんな当時の柳沢の苦悩を救ったのが、ある大物俳優の言葉だった。

「ある時に言われたんですよ、"慎吾ちゃん、(あばよ!を)やめるのはいつだって出来るし簡単だよ。でも言い続ける事は難しいし、大切な事でもある。どんどん言っていった方がいいよ"って」。テレビ番組制作関係者からも、こんな事を聞かされた。「"あばよ!"は番組を終わらせるタイミングの言葉としてピッタリらしいんです。しかもそのセリフを言った僕の顔のアップで番組が閉まるわけですから、インパクトを残せるという意味で僕としてもありがたかった」と一転、存在感をアピールするための武器として捉えるようになった。

今では持ちネタの"ひとり警視庁24時"とセットで、警察関連のイベントに引っ張りだこ。「1日警察署長は6回くらいやらせていただいていて、"振り込め詐欺にあばよ!""危険ドラッグにあばよ!"と、ポスターなどいろいろなところで"あばよ!"を使ってもらえている。言い続けてやり続けてきたからこそ愛されて浸透して、気がついたらお国のために役立っている。これは本当にうれしい。すぐに封印していたら、今の自分はないでしょうね」とウィンクする。

ちなみに「あばよ!」だけで柳沢が芸能界で生き残れたのか、というとそうでもない。スポットライトの当たっていない場所での、異例の対応が関係者に大きな印象を与えている。PRイベントに出演する際の柳沢は、本番前に自ら進んで前説を行い、イベント終了後には報道陣に対してお見送りの言葉も忘れない。着替えている途中であっても、道端で記事を書いている記者をみつけると、そばに行ってねぎらいの言葉をかける柳沢の姿はたびたび目撃されている。サービス精神旺盛であると共に、気遣いの人でもあるのだ。

「前説をすることによって、現場をアットホームな雰囲気にしたいし、わざわざ来てくれたお客さんやマスコミ関係者に対する感謝の気持ちですよね。でもね、これは当たり前だと思うの。『来てくれてありがとう!』というのが第一にないと、この仕事はダメよ。主催側の判断で前説を止められる場合もあるけれど、出来る時は全力で前説したいね」とその理由を明かす。

現在53歳。「仕事に対するありがたみは増える一方です。僕らの仕事はいつなくなるわからない商売ですし、消えていく人と同時に、新しい人もたくさん入ってきますから。いまだにどんな現場でも緊張しちゃいます。でもその緊張感がなくなったら終わりだとも思っています」とアクセルを踏み込み続ける。目指すのは「背伸びをせずにその時々の、ありのままの柳沢慎吾」だそうで「顔も(『アナと雪の女王』の)オラフに似ているから、"ありのまま"が一番だね。これでインタビューは終わり?......じゃあ、あばよ!」。

(取材・文:石井隼人)

柳沢慎吾(やなぎさわ・しんご)
1962年3月6日生まれ、神奈川県出身。6月6日からのBS12ch TwellVの「ハワイに恋して~CRAZY FOR HAWAII~」(土曜午後9:00)に、放送100回記念ゲストとして登場。柳沢は「飛行機を降りてハワイの風を感じた瞬間、気分はフルスロットル。しかも雨季に行ったのに、雨はほとんど降らなかったの。撮影の合間にオフを1日もらったんだけど、何をしていいのかわからなくてただ砂浜を歩いていました。今考えたら仕事すればよかったなぁ。でもすべてがいい思い出。放送200回記念でも呼んでほしいね。その時、俺はいくつよ!?」と声を弾ませている。

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ