ここから本文です

"2000年にひとりの美少女"として話題のアイドルグループ・dropの滝口ひかりが6月1日、都内で行われたソネットによる新モバイルサービス発売記念イベントに出席。"1000年にひとりの逸材" と呼ばれるアイドルグループ・Rev.from DVLの橋本環奈への本音を打ち明けた。

サムネイル

"2000年にひとりの美少女"滝口ひかり


同イベントには、お笑いコンビ・品川庄司の品川祐、インパルスの堤下敦、NON STYLEの井上裕介と好感度低い芸人たちが集結。3人は、"好感度をも上げてしまう賢いスマートフォンの選択"をテーマに、LTE通信サービス「PLAY SIM」と、Xperiaスマートフォン「Xperia J1 Compact」を組み合わせた新モバイルサービスについてプレゼン対決を行った。勝者となったのは、自撮り写真を見せながら、カメラの性能の素晴らしさについて熱弁した井上。審査員役を務めた滝口は、「私は自撮りが苦手だから、自撮りがうまく撮れるのはうれしいな」とコメントした。井上には、賞品として、滝口の連絡先と"秘蔵写真"が収められたXperiaと「PLAY SIM」がセットで贈られた。

サムネイル
"2000年にひとりの美少女"滝口ひかり


"2000年にひとりの美少女"と評判の滝口だが、その心境について「うれしい気持ちと恥ずかしい気持ち」と明かす。「dropのほかのメンバーも皆めちゃくちゃかわいいのに、私だけ言われていいのかな......」と謙虚に語った。

ところで気になるのは、"1000年にひとりの逸材"橋本との関係。1000年、2000年同士でライバル意識を持っていたりなんてことは......? しかし、滝口は「正直気まずいです。会ったときにどう接していいんだろうって......」と苦笑。井上が「1000年、2000年って本人が言ってるわけじゃないからね。周りが勝手に言ってることだから」とフォローを入れた。

サムネイル
"2000年にひとりの美少女"滝口ひかり


(取材・文/原田美紗@HEW
(写真:トレンドニュース)

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ