ここから本文です

HKT48・指原莉乃が6月3日放送の「水曜歌謡祭」(フジテレビ系)で、6月6日に福岡 ヤフオク!ドームで開票される「第7回AKB48選抜総選挙」について、1位奪還への自信をのぞかせた。

サムネイル

指原莉乃/Rino Sashihara(HKT48), Dec 27, 2014 : 復活するHKT48の冠バラエティー番組「HaKaTa百貨店3号館」の会見=2014年12月27日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


今年がラスト総選挙となるAKB48・高橋みなみが「一番上の景色を見れたらいいなと思います」とコメントしたのを受けて、指原は「先輩はこう言っていますが、総選挙は先輩後輩関係ないと思ってるので、1位になりたいです」と不敵に宣言。5月20日の速報(中間発表)では3万8,151票獲得でトップに立っていることもあり、リベンジにやる気を見せる。MCのお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建に「自信のほどは?」とたずねられると、一瞬考えた後に「あります!」とガッツポーズ。「1位用のスピーチしか考えないでいきます」と言ってみせた。

また、速報2位のAKB48・柏木由紀は「1位になりたいって夢が目の前まできているので、今年は最後に名前が呼ばれたらいいな」控えめながら意欲を見せる。こちらも自信についてたずねられると、「あります!」と返した。ちなみに次期総監督であるAKB48・横山由依は、選挙結果はもちろんだが、ほかにも心配事があるそう。総選挙のスピーチでよく感情が昂(たか)ぶるあまりブルブル震えてしまうとして、「スピーチのときに震えて立っていられないので、今年は体調を整えていきたい」と独特な目標を掲げた。

それぞれのコメントを受けてAKB48・小嶋陽菜は、不出馬の立場から「今年は1位宣言をしているメンバーが最多でギスギスしてます」とニッコリ。メンバーたちから「ギスギスしてないよ!」の総ツッコミを受けた。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ