ここから本文です

音楽プロデューサーの小室哲哉が6月7日に放送された「ヨルタモリ」(フジテレビ系)に出演。小室は今年3月に自身のTwitterで同番組にラブコールを送っており、夢が叶(かな)った形となった。

サムネイル

小室哲哉/Tetsuya Komuro, Jun 14, 2014 : =2014年6月14日撮影 MTV VMAJ Video Music Awards Japan 2014
写真:まんたんウェブ/アフロ


小室は今年3月、「夜タモリ呼んでください」(原文ママ)とツイート。「りえちゃん、タモリさんに頼んでみてほしいですね」と同番組でレギュラーを務める女優の宮沢りえに呼びかけていた。小室はかつて宮沢の主演映画『ぼくらの七日間戦争』の音楽を担当しており、そのツテを使ってでもなんとか「ヨルタモリ」に出演したかったようだ。

そんなラブコールが届いたのか、6月7日放送回に小室は、バーのご近所さん役として登場。タモリの作った"洋風たまごかけごはん"を食べ、「何十年ってこの仕事をしていて、公共の放送で食事をしているところが映るのは初めて」とニコニコ。
その後はタモリとハウス・ミュージック談義に花を咲かせ、「ハウスの基本っていうのは......」となんとピアノで生演奏を披露。するとタモリも小室の隣にあったボンゴに近づき、セッションが始まった。

夢が実現した小室は放送後にトークライブアプリ「755」で、「タモさん、グルーブ良かった」と満足いった様子を見せる。

ネット上では

「タモリと小室哲哉のセッションいい感じだった!」
「小室さんの人の話をちゃんと受け止めてる感じが素敵」
「小室哲哉がユルい感じで、面白い味が出てました」

と好評を博しており、「また出てほしい~!」「また来ますよねー!?」と早くも再登場を願う声が上がっている。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ