ここから本文です

声優で俳優の伊藤健太郎が6月8日にTwitterで、座長とのトラブルにより、出演予定だった神田時来組の舞台『熱海殺人事件~私、芝居やめるんです。林編~』を降板すると発表した。

伊藤は、「すげえ演劇人と出会った。雇われたんだけどね、明日から稽古場来なくていいって(笑)そういうわけで、時来組公演、座長にワンパンくらって降板しました。なに?あの人。てなわけで。さようなら」と降板を報告。「すげえびんたされたんだよな。カスに」と怒りを示している。

どうやら伊藤と座長の間で芝居への考え方が食い違い、その末に座長が伊藤をビンタして「明日から来るな」と言い渡したらしい。伊藤は「法的に訴えます」とつづる。「ひさびさにほっぺが痛いぜー。まじで。ファンの皆さんに殴られるほっぺならいくらでも差し出すけどね」と明るく語りつつも、「今日は理不尽すぎて神○時組組長○が敵になっただけの夜だね。同じけん○ろーなのになぁ~。ちいせえな(笑)...な?感情がおさまってねえんだよ、今俺」(原文ママ)とこぼした。なお、伊藤は一応伏せ字を使っているが、トラブルの相手である座長の"けん○ろー"とは『熱海殺人事件~私、芝居やめるんです。林編~』で演出を務める泉堅太郎のことと思われる。

同舞台は、7月3日~12日に東京・神保町のアートスポット・ラドで上演予定。神田時来組の公式サイトでは、6月9日現在、伊藤の降板についてのアナウンスはされていない。

伊藤は、アニメ「BLEACH」の阿散井恋次役やアニメ「とっとこハム太郎」のタイショーくん役などで知られる声優で俳優。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ