ここから本文です

AKB48でグループ総監督の高橋みなみが6月9日にトークライブアプリ「755」で、6月6日に福岡 ヤフオク!ドームで開票された「第7回AKB48選抜総選挙」を振り返った。

サムネイル

高橋みなみ/Minami Takahashi(AKB48), Jun 06, 2015 : AKB48第7回選抜総選挙 41stシングル 選抜メンバー 第4位
写真:まんたんウェブ/アフロ


高橋は今年12月をめどにAKB48を卒業することが決定しており、ラストとなる今回の総選挙では1位獲得を目標に掲げていた。高橋は「神7(上位7人の意味)発表のときは 本当に過呼吸になりそうになった」「1位を目指すって こんな気持ちになるのか、、 私は今までこの気持ちから逃げてきたんだな」とプレッシャーに押しつぶされそうになっていたことを告白。結果、1位は逃したものの過去最高順位となる4位にランクイン。「もちろんこのとき1位で呼ばれたいと思った気持ちももちろんあったし 悔しいなとも思った」としつつ、「13万7252票 凄すぎるよみんな 嬉しすぎたよ」と大喜び。「ちゃんとこの恩を ソロ高橋みなみで返せるように頑張る」と真摯(しんし)に語っている。

また、元メンバーからの応援もあったそう。「投票頑張った! って (高橋に)投票してくださったみたいです 優しすぎるよ(篠田)麻里子様」「秋元才加さんは変な写真つきでメールくれました」と明かす。

高橋は「来年は私は選挙にはいないけれど 元メンバーとして ちゃんとみます」「今は本当に清々しい」と最後の総選挙を終えての心境をつづった。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ