ここから本文です

15歳でデビューしたKONANは、今年で芸歴15年。SDN48、恵比寿マスカッツをはじめ9つほどのユニットを渡り歩いてきた猛者だ。また、バラエティ番組での歯に衣着せぬぶっちゃけぶりでも知られる。
アイドル界の酸いも甘いも噛(か)み分けた?"崖っぷちアイドル"KONANに、SDN48時代の本音や、意外とピリピリしていたグループ初期の舞台裏について明かしてもらった。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 KONAN)


■年下でもAKB48メンバーには敬語

「SDNに入ったときは、イケる! と思ったんですよね(笑)。もう絶対売れるんちゃう!? みたいな。でも冷静に考えると結構体張る仕事もやってました。SDNのメンバーが競馬場を走らされて、AKBのメンバーがその順位を予想するという......。まさかの馬扱い!(笑)今となってはすっかりネタですけど、一瞬『マジで......?』とはなりますよね。とはいっても私は必死だったんで、それほど深くは考えなかったんですけど。やっぱりAKBさんのほうがSDNより先にできたグループなので、芸歴関係なくAKB48のメンバーは先輩なんです。私も腹をくくってイチからのスタートとして割り切っていたので、もちろん敬語で接していました。

......SDNって、もっと続けてたら、もっといい結果が出たかもしれない。今でもたまに考えたりするんですよ。もう少し活動していたら、どうなっていたんだろうって。今はAKBさんの派生グループってどれもすごく活躍していますもんね。SDNの大人のお姉さんユニットっていうコンセプトも好きでしたし、結構かっこいい曲もあったんですよ。過去は引きずらないタイプなんで、これでよかったとは思っているんですけど、それでも本音を言うなら、もう少し続けたかったな。解散前に、2012年の『リクエストアワー』(AKBと関連グループ楽曲の人気投票イベント)で、SDNの『孤独なランナー』が3位にランクインできたときは本当にうれしかったです」

■"あいさつ無視"のピリピリ秘話

「ここだけの話ですけど、私が2期生としてSDNに加入した当初は、結構グループ内もピリピリしてたんですよ! あいさつしても無視されたみたいなこともありました。大人のグループでみんな歳も歳で後がないから必死というか。でも段々みんなすごく仲良しになって、よくKONANの家で芹那と藤社(優美)と大堀(恵)さんってメンバーで鍋食べてました。今でもよく集まるし、いろんなグループに所属しましたけど、SDNはそのなかでもかなり思い入れが強いほうです。

今はみんなバラエティや舞台、ライブとそれぞれのフィールドで活動していますけど、お互い応援しあっています。SDN時代は選抜争いなんかでライバル的な部分もありましたけど、今では一番の支えですね。......個人的には、SDNで一番成功してるのって大堀さんだと思うんですよ。だってバラエティで活躍しながら結婚して、子供も産んで、プライベートも仕事も充実してる感じ! 今はもともとあった"お母さん"って感じの癒やしオーラがさらに出まくってますね(笑)。

ちなみにSDNってセクシーなイメージだし、"恋愛OK"を掲げていたから、プライベートで恋愛しまくりみたいに思われるかもしれませんけど、正直忙しすぎて全然そんな暇ありませんでした」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 KONAN)


■うれしいのは"再会"

「いろんなグループに所属しましたけど、うれしいのは、たとえば恵比寿マスカッツ時代に共演したおぎやはぎさんや大久保佳代子さんたちと、卒業してからまた共演できた......なんてときです。ずっと芸能活動をしてきたからこそ、たまに"再会"があるんですよね。たくさんのアイドルグループが集まる番組で、SDNと恵比寿マスカッツが対決する! みたいな企画をしたこともあるんです。カメラの前では盛り上げるために私も『お前なんやねん!』みたいなやり取りをしていましたけど、心のなかではもう昔の仲間たちと会えて『やったー! ほんまうれしい! やったー!』ってそればっかり(笑)。

『ロンドンハーツ』では、安室奈美恵さんみたいな歌手になりたいって言いましたけど、今はジャンル問わず仕事を増やすっていうのが目標です。ソロで売れるのは厳しいから、少しでもチャンスを逃さずグループの力も借りつつ続けていくぞっていうスタンスで15年やってきましたんで。だからグループのお誘いでもなんでも、お仕事の話待ってます!(笑)」


KONANは「馬扱いされた」など聞いているほうがつらくなってしまいそうな苦労話も明るい口ぶりでどんどん笑い飛ばしていく。そんな彼女が神妙な面持ちで語った、「もっとSDN48を続けたかった」という本音。SDN48が活動をもう少しだけ続けていたら、一体どんな未来が待ち受けていたのだろう? それは誰にもわからないことだが、きっと――。

☆6月に曲を配信。詳細は公式ブログで。

◆KONAN(こなん)
1985年3月4日生まれ、大阪府出身。関西アイドル番組でデビューし、その後、SOUL TIGER、全国女子高生制服コレクション2001、SUPER GT マッハクイーンズ、芸能人女子フットサル 南葛YJシューターズ......と9つほどのグループを渡り歩く。昨年7月にSDN48の元メンバーによるグループ・7cmを脱退し、現在はソロで活動中。
座右の銘は、「ありのままの自分」。

(取材・文/原田美紗@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> KONANが出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」

多数のグループ経験で得た生き抜くコツ ぶるぺん(00:04:34)>>


AKBGとSDNの奇妙な関係性とは? ぶるぺん(00:02:45)>>


その他の出演番組>>

・SDNで加入当初尖っていたメンバーは?

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ