ここから本文です

「やーよ!」のフレーズでおなじみのオネエ系タレント・GENKINGが6月12日にブログで、メニエール病と突発性難聴を患っていることについてテレビで語った真意を明かした。

GENKINGは6月10日、メニエール病と突発性難聴を患っているため左の耳がほとんど聞こえないとブログで語った。このブログエントリーは「スッキリ!!」(日本テレビ系)6月12日放送回に取り上げられ、番組内でGENKINGは「病気も個性と思っている」などと自身の病気への考えをコメントしていた。

しかし、ネット上では番組出演を"話題づくり"とGENKINGを中傷する声も一部上がっていたらしい。GENKINGは放送後にブログで、「病気の種類は違うけど病気と戦ってる方に、エールを送りたかった」とテレビ出演の真意を明かす。「見てる側の人は、なぜこのタイミングで病気を発表?とか思うかもだけど、このBLOGを昔から見てる人は、昔から何度も病気について話してる事も分かるはず。僕は、自分の病気に同情して欲しいんじゃなく、病気で苦しんでる人の少しでも支えになれればと思ったの」として、話題作り目的ではないことを説明した。

GENKINGは、「本当はそんなコメントを気にしないのが一番なんだけど、勝手な想像で書かれてると本当に悔しいし、嫌な気持ちになるよ」と心ない言葉に悲しみを示す。けれど「嫌なコメントも全て学びがあるから、僕は学ばせて貰ってます」と殊勝に語り、「嬉しいコメントも嫌なコメントも全て評価だと思ってるので、自分に向けられたコメントは本当に感謝してます!! ありがとう」とつづった。

GENKINGはInstagramで"謎の美男子"として話題になった、アパレルデザイナーでタレント。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ