ここから本文です

AKB48・村山彩希が6月20日深夜放送の「AKB48旅少女」(日本テレビ系)で、親戚である女優・満島ひかりの存在が芸能界入りのきっかけとなったことを明かした。

サムネイル

村山彩希/Yuiri Murayama(AKB48), May 23, 2014 : =2014年5月23日撮影 「AKB48 CAFE & SHOP AKIHABARA」で行われたバラエティー番組「AKB 観光大使」長崎市観光大使任命式
写真:まんたんウェブ/アフロ


同番組には、村山のほか、NMB48・市川美織、AKB48・向井地美音といった元子役のメンバーたちが登場。市川から「もともと女優さんになりたくて芸能界に入ったの?」とたずねられた村山は、「親戚に満島ひかりさんがいるんですよ」と告白。村山の父親が「あの方(満島)があんなに売れているなら、俺の娘もイケるだろ」と考えたのが、芸能界入りのきっかけとなったと語った。村山と満島は、2008年上半期に放送されたNHK連続テレビ小説「瞳」ですでに共演を果たしているそうだ。

なお、村山の姉も元子役で、かつては「村山栞妃(むらやま・れんり)」の名義で映画『狼少女』などに出演していた。どうやら村山家はちょっとした芸能一族らしい。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ