ここから本文です

ストーカー被害にあったお笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が7月23日、被害を受けたのは自業自得だという批判の声にTwitterで反論した。

サムネイル

村本大輔/Daisuke Muramoto(ウーマンラッシュアワー/WOMAN RUSH HOUR), Jun 02, 2014
2014年6月2日撮影 映画「アメイジング・スパイダーマン2」(マーク・ウェブ監督)のトークイベント
写真:まんたんウェブ/アフロ


村本に待ちぶせ、つきまといなどのストーカー行為を繰り返していた疑いのある女子大生が警視庁新宿署に逮捕された。だが、村本が過去にストーカー被害を自らネタにしていたことや、一部のファンに手を付けていることを公言していることから、ネット上では「起こるべくして起こった気もする」「大人げなくツイートで煽(あお)ったからストーカーも暴走したんでは?」など村本側に責任があると指摘する声も上がり、一部メディアでは「同情の声なし」と報じられていた。

しかし、そういった批判の声に村本は真っ向から反論。「たまにそんなキャラしてんだからストーカーに会うのは自業自得。ってリプあるけど『夜道ミニスカートで歩いてんだから強姦されても自業自得』と言ってること一緒。ミニスカートもファッションだしゲスキャラも個性。強姦やストーカーは立派な犯罪。犯罪犯すやつに同情の余地なし。全面的に悪い」(原文ママ)とあくまで犯罪は犯罪であると主張した。

なお、今回の被害により村本は引っ越しを検討中だそう。ファンとのやり取りのなかで、今回逮捕された女子大生以外に関西方面にも要注意人物がふたりいることを明かした。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ