ここから本文です

お笑いトリオ・ダチョウ倶楽部の上島竜兵が7月22日に放送された「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、後輩であるお笑い芸人・とにかく明るい安村の「はいてますよ」ネタを「素晴らしい」と絶賛した。

サムネイル

上島竜兵/Ryuhei Ueshima(ダチョウ倶楽部/Dacho club), Jun 23, 2015 : 「AGEレスメニューフェア」のオープニングイベントに登場したダチョウ倶楽部=2015年6月23日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


上島は、安村の「安心してください、はいてますよ」というネタを「素晴らしいね。これを見たときに『やられた!』と思った」と褒めたたえる。「体形を利用していて、なんで自分も考えつかなかったんだろうと思った。どうして他のメンバーも気付かなかったんだ」と悔しがった。

さらに上島は、ダチョウ倶楽部内で「はいてますよ」のネタについて会議が行われたことがあると明かす。メンバーの肥後克広と寺門ジモンに「なんで(このネタを)思いつかなかったんだ!」と詰め寄られた上島は、「それはこっちのセリフだよ!」と言い返したそう。ダチョウ倶楽部メンバー全員に「はいてますよ」は衝撃を与えたようだ。

上島は「俺らの時代は全裸だったんだよ。それ自体がオチみたいなものだった」と自身の裸芸時代を回想する。全裸オチから一歩進めた「はいてますよ」は、"ネオ裸芸"とでもいうべきネタか。先輩芸人からの太鼓判に、安村も安心したような表情を見せた。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ