ここから本文です

お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が7月23日に放送されたラジオ番組「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(ニッポン放送系)で、自身も出演したフジテレビ系「逃走中~めちゃ×2本気で逃ゲてるッ!~」(7月19日放送)(以下「逃走中」)で卑怯(ひきょう)なふるまいをしたとして炎上中のタレント・おのののかについて「ルール上問題ない」と明言した。

サムネイル

岡村隆史/Takashi Okamura(ナインティナイン/NINETY-NINE), Jan 09, 2015 : 新バラエティー番組「時間がある人しか出れないTV」の会見に登場したお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史さん=2015年1月9日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


「逃走中」は、追っ手であるハンター役から制限時間中エリア内を逃げ切ったら賞金を獲得できるというルールのゲーム番組。7月19日放送回の終盤では、ハンターに対抗できるアイテムを持った岡村とおのが行動をともにしていたが、ピンチに陥った際、おのは岡村を置いて逃げるようなそぶりを見せた。ネット上ではおのの行動に対して、

「人の後ろついてまわって 守ってもらってるのに その人おいて逃げてさ」
「おのののか...マジでズル過ぎるわ...」
「お金がかかると本当の性格が出ますね」

など非難する声が上がっていた。

騒動を受けて岡村は、「逃走中」について「誰かが嫌な役を買って出ないと成立しないっていうのがあると思う」と持論を述べる。そして自身を見捨てるかのような行動をとったおのを「ルール上何も問題ない。(おのは)頭を使って生き延びた」と擁護した。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ