ここから本文です

モデルの眞木美咲パメラが7月23日深夜放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系)で、アイドルたちのモデル業進出への本音をぶっちゃけた。

同番組では、「ファッション業界の憤りスペシャル」として、お笑いコンビ・サンドウィッチマンが不満を抱えるモデルや女性誌編集長に直撃した。眞木は「本業じゃないのにアイドルがモデルをやっているんですよ」とこぼす。アイドルたちは写り方やウォーキングのトレーニング、食事制限といった本業のモデルがするような努力をしていないとして、「そういう努力をしてやっとモデルとして出れるってなったのに、なんで私の枠にアイドルがいるんだ」と憤った。

番組が調査したところ、5、6月に発売された女性誌の15冊中6冊にアイドルがモデルとして登場、さらに女性誌と専属契約しているアイドルは10人を超えるのだという。このようにアイドルのモデル化が進むせいで、本業のモデルたちは大打撃を受けているそう。眞木はかつて毎月20本ほど仕事があったが、今年に入ってからはモデルとしてまだ2本だけしか仕事をしていないと告白。「いつになったらこの時代は終わるんだろう? アイドル戦国時代とか知らねーよ!」と吐き捨て、「この頃はモデル業だけでは厳しいので舞台出演などで収入を得ている」と語った。

過去にはグラビアアイドル・篠崎愛がバラエティ番組で、AKB48グループのメンバーがグラビア進出することでグラビアアイドルの仕事が奪われていると指摘した。もちろん需要があるからこそ"異業種"からも求められるのだろうが、やはり本職の人間たちからすると「アイドルの○○進出」は複雑なものらしい。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ