ここから本文です

「イェーイ!! 」と叫ぶハイテンションな芸で今年1月に放送された「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の「山-1グランプリ」に出演したサンシャイン池崎。ありあまるほどの「イェーイ!! 」に、ネット上では「めっちゃおもろいやんこの人笑」「サンシャイン池崎は何か笑ってしまう」など好評の声が続々。芸歴は10年目と結構長いものの、そのプライベートや家族関係は謎に包まれている。一体サンシャイン池崎はなぜテンション芸をするようになったのか? そのルーツに迫った。

サムネイル

(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 お笑い芸人・サンシャイン池崎)


■自社工場を2回全焼させた父親

「僕、鹿児島県出身なんですが、実家にはほとんど帰ってないんですよ。家がものすごくボロくて、本当貧乏なんですよね。だから現実を直視したくなくて実家には帰れない。なんで貧乏かっていうと、僕がまだ小さかったとき、うちは自営業でタバコ農家をやってたんですよ。タバコの葉っぱを育てて、それを乾かすっていう小さい工場をやってたんです。従業員も2~3人と少ない人数でやっていて。

おやじはタバコ好きでヘビースモーカーだったんですね。それである日、その工場の中でタバコを吸ったら、商品の葉っぱに引火して工場が全焼したんです! でもおやじはへこたれなくて、もう1回同じタバコ工場を建てたんですよ。それでなんとか商売が軌道に乗って『よし、これでイケるぞ!』って思ってたらまたタバコの火を葉っぱに引火させて、工場は全焼。今となっては笑い話ですけど、おやじ2回も工場燃やしてるんですよ。だからうちは貧乏なんです。

その後、おやじは自営業で『池崎組』っていう大工を始めたんですよ。それもつぶれたんですけどね(笑)」

■相方が女にとられてピン芸人に

「以前はコンビでお笑いをやってたんです。その頃からテンション芸をやっていました。まるで僕がふたりいるみたいな感じでした(笑)。相方には『ここはもっと吹っ飛んでくれ』とか口うるさく言っていたので、今思えばそれについてこれなくなってしまったのが解散の要因になってたのかな。しかも僕が『ネタ合わせしようぜ!』って言ったら、相方の彼女が『私と遊ぼうよ』って言ってきて、相方の取り合いみたいになってしまった。最終的には彼女に持って行かれてしまいました。

それからピンとして活動するようになって、新しく名前を考えないといけなくなった。そこで、勢いのある名前がいいなと思って、ぱっと出てきたのがサンシャインという単語でした。

そもそもお笑いを始めた当初から、漫才をやりたいみたいな意欲はあまりなかったんです。なんでしょうね、漫画が大好きで、ファンタジーなボケが好きだったんですよね。例えば『ドラゴンボール』みたいなぶっ飛んだ世界観が好きだった。少年漫画やギャグ漫画にある、熱いテンションがとっても好きで、そこから今のテンション芸もきてるんじゃないかなぁと思います。ずっと憧れてたんです、ああいう世界に(笑)」

■ダウンタウンとの仕事が一番緊張した

「『イェーイ』のギャグは、飲み屋とか楽屋で仲間内に見せていたおふざけから始まったんですよ。コップに『イェーイ』って叫んで、それをひっくり返して、『今イェーイをこの中に閉じ込めました!! 』みたいなギャグをやったらウケてウケて。そこから『イェーイ』を使ったギャグが増えました。

今年の1月には『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 』の『山-1グランプリ』に出させていただきました。あの仕事が芸人人生のなかで一番緊張しましたね。最初オファーがきたときはめちゃくちゃうれしくて、『やったー!』って大喜びしてたんですが、次の日には『ヤバイ、めっちゃ怖い! 失敗したらどうしよう......』って怯(おび)えてました。芸人にとって大きなチャンスでしたからね。あと、ダウンタウンさんの前ですべるわけにはいかないっていうのが緊張につながっていました。今となっては、キツイときに『あれに比べればまだまだいける』って思える支えになっている体験です。

『山-1グランプリ』が終わった後は、一緒に出演していたとくこさんとか、アキラ100%さんと打ち上げにいきました。そこで、お互い『いやー、よかったっすね』『ホント、ウケてたよ!! 』とか褒めあったりして(笑)。『これってさ、もしかしたらR-1とかM1で優勝するよりすごいことなんじゃないかな!? 』『狙って出られるもんじゃないよ! やっぱり俺たちすごいよ!』ってねぎらいあってました!! 」

サムネイル
(GYAO! トークバラエティ「ぶるぺん」出演 お笑い芸人・サンシャイン池崎)


「ずっと憧れていた、熱い少年漫画のテンション」「楽屋でふざけているうちに見つかったギャグ」......確かにサンシャイン池崎のテンション芸を見ていると、子供のときに友達のおふざけを見ていたような、そんな懐かしさを感じる。

◆サンシャイン池崎(さんしゃいんいけざき)

1981年10月9日生まれ。鹿児島県出身。「イェーイ!! 」と叫ぶハイテンションなコントがウリ。座右の銘は「空前絶後」。8月7日、8日に単独ライブ「イケザキ・ロワイアル」をユーロライブにて開催。9月6日には草月ホールにて開催されるワタナベエンターテインメントのライブ「夏のOwari FES!! ~WELSP2015~」に出演。

(文/おきざきみあ@HEW
(写真:トレンドニュース)

トレンドニュース「視線の先」 ~築く・創る・輝く~
エンタメ業界を担う人が見ている「視線の先」には何が映るのか。
作品には、関わる人の想いや意志が必ず存在する。表舞台を飾る「演者・アーティスト」、裏を支える「クリエイター、製作者」、これから輝く「未来のエンタメ人」。それぞれの立場にスポットをあてたコーナー<視線の先>を展開。インタビューを通してエンタメ表現者たちの作品に対する想いや自身の生き方、業界を見据えた考えを読者にお届けします。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
>> サンシャイン池崎が出演する、GYAO配信番組「ぶるぺん」

逆境を打ち破った超ハイテンション ぶるぺん(00:03:48)>>


超ハイテンション芸人の学生時代の闇 ぶるぺん(00:03:28)>>


2度の全焼を乗り越えた壮絶すぎる芸人の父 ぶるぺん(00:04:18)>>


その他の出演番組>>

・超ハイテンションイェイイェイギャグ

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ