ここから本文です

お笑いコンビ・クワバタオハラの小原正子が7月27日、息子に急に触られたくないという本音を明かした。ネット上で「手洗い消毒していない手で触られたくない」「警戒して当然」と共感の声が上がっている。

サムネイル

マック鈴木/Mac Suzuki and 小原正子/Masako Ohara(クワバタオハラ/Kuwabataohara), May 31, 2015 : 息子・誠希千くんをお披露目した、小原正子さん(右)とマック鈴木さん=2015年5月31日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


■小原正子「喜んでくれるのは嬉しいけど......」

小原は今年3月、長男の誠希千くんを出産した。その誠希千くんに関して悩み事があるそうで、小原は7月27日にブログで、夫である野球解説者のマック鈴木氏と誠希千くんと親子3人で出かけたときの体験談を明かした。鈴木氏が誠希千くんを抱っこして一緒に散歩していたところ、ガソリンスタンドで給油していた女性が「赤ちゃん見せてー!」と近寄ってきて、「かわいいー!」と言いながら誠希千くんを触ろうとしてきたのだという。鈴木氏は思わず女性をよけ、小原も小声で「触らないで!」と注意した。小原は「その方には、失礼だったらすみませんでしたー!いやな気持ちなってしまったのでは???とおもってます」と女性を気遣いつつ、「ただ誠希千を見て喜んでくれるのは、とっても嬉しいんだけどやっぱり、急に触られるのは抵抗ありますー! 私が毎日、せいきちをブログにのせてるせいなんですが ご理解をしていただけると嬉しいです!!」とファンに理解を求めた。

また、小原いわく、以前にも年配の女性に「(赤ん坊を)ちょっと見せて」と声をかけられて了承したら、「よだれでてるやん!」と手で誠希千くんの口元を拭こうとされたことがあるそう。そのときも鈴木氏がすかさず誠希千くんをかばったという。

小原は「関西の方の、距離感の近さは、私も関西人だし大好きなところなんだけど」「もちのろん、声をかけてくれるのは、めっちゃ嬉しいのですーー」と語りつつ、「ぶっちゃけ、せいきちの事に関しては対応に困ることも多いです~~」と正直な気持ちを打ち明けた。

■似た経験で悩む母親たち

悪気はなくても子供を突然触るのはやめてほしい――。この意見に対してネット上では

「不特定の人に触れられ、何か病気でもうつされたら、とか考えるとそういう考えも致し方ないのでは?」
「いきなり何触ったかわかんない、手洗い消毒していない手で触られたくねーわ」
「赤ちゃん抱かせて欲しいと抱かせたら、骨折させられたって事件も起きてる 他人を警戒して当然」

と共感を示す声が上がっている。また、子育て中に似た経験をして不快に思ったという母親も多いようで、

「私も出産して、退院のときに、ほかの病棟のお見舞いのおばちゃんが、いきなり触ってきた。新生児だし、病院って、菌がいっぱいだし、あり得ないって思った」
「我が子がかわいがられるのは親としてうれしいことです。ただ、触って欲しくない!! その手に菌付いてたらこっちが除菌した手で触っても意味ないし、触った手に何らかの菌があったら本当に困る」

といった声も出ている。

触る側は「かわいい赤ん坊をなでてやりたい」という自然な感情にただ従っただけなのだろう。だが、赤ん坊の両親からすると「その手は本当に清潔なの?」など気になるところがいっぱい。結局後で病気にかかるなどなにかあったときに困るのは、赤ん坊とその両親。見知らぬ相手を警戒してしまうのは仕方ない。そんな親心を汲(く)んで、やはり周囲は赤ん坊にいきなり触れるのは控えたほうがよさそうだ。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ