ここから本文です

女優・星野真里が7月31日、第1子女児を出産した現在の心境をブログにつづった。

サムネイル

星野真里/Mari Hoshino, Oct 14, 2014 : 昼ドラ「シンデレラデート」の制作発表会見=2014年10月14日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


星野は「7月30日。満月の前夜、満潮になろうかという夜明け前、3時頃。無事に第一子となる女の子を出産いたしました」とあらためて報告。出産にあたって先輩ママたちからいろいろ話を聞いていたそうだが、「それをはるかに超える肉体的にも、精神的にも厳しい時間を、私はどのように耐え、どのように乗り越えることができたのだろうかと、自分自身が信じられない思いです」と出産を振り返っている。

「我が子と対面した瞬間にそんな苦労は泡と消えた、と思えるほど私は純粋でも素直でもありませんが、私の指を握る小さな手や見飽きることのないまだむくみがちな顔、少し高めの泣き声やお乳を吸われる時の痛み、そんなひとつひとつが愛おしく、まだまだ実感の伴わない頼りない母親なりに、しっかりと我が子と向き合い子育てしていこうと覚悟を新たにしております」と娘への愛情をつづる星野。「こんな大きな体験をさせてくれた娘に、常に笑顔で支えてくれた夫に、仕事で立ち会えなかった夫の代わりにそばにいてくれた母に、そんな母を快く送り出してくれた父に、そしておめでとうとあたたかく祝福してくださった多くの皆様に、本当にありがとうございました!!」と家族やファンに感謝を述べた。

星野は2011年、TBSの高野貴裕アナウンサーと結婚した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ