ここから本文です

BL(男性同士の恋愛をテーマとした作品)好きを公言するNMB48・三田麻央が、BLを愛する女性たち、いわゆる"腐女子"のおきてを破ったとして、腐女子たちから批判が殺到している。

■人気バラエティで自作のBL漫画公開

趣味は「BL妄想トーク」だという三田は、7月28日深夜放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、「ひとつの恋愛が成熟するまでの過程が素晴らしい」とBLの魅力を熱弁。同番組のMCを務めるお笑いコンビ・フットボールアワーの後藤輝基とチュートリアル・徳井義実を題材にした自作のBL漫画を披露した

強烈な三田のキャラに出演者たちは大笑いだったが、三田は腐女子たちのある禁忌に触れてしまったらしい......。どうやら腐女子たちの間では、「腐女子はBLを隠れて楽しむべき」「ナマモノ(実在の人物を題材としたBL)は本人たちの見えないところで楽しむべき」という暗黙のルールがあるらしい。一部の腐女子からすると、三田は、バラエティ番組でBL趣味をオープンにし、さらに"ナマモノ"漫画まで披露したということで二重に禁忌を破ってしまったことになるようだ。ネット上では、腐女子らしき人々からの

「三田麻央ねえわ...これはねえわ......腐ってることとか隠せよ おおっぴらにするような趣味じゃねえよ」
「ナマモノというかBLというのをテレビでやるのはタブーだろ!」
「腐女子とは世間一般に対して想いを悟られちゃならねえのだ ナマモノへの妄想ならなおさら」
「こういうのが堂々とテレビで放送されると腐女子の存在が公になる」

といった怒りや戸惑いの声が上がっている。

■腐女子のルールがそもそもズレてる?

ただ、そういった腐女子たちの怒りがピンとこないという意見も。

「何に怒ってるのかまったく理解できないww」
「同人誌として勝手に作ってるのと違って、番組の企画としてMCの2人で、っていうことなんだから状況が違うしかなり的はずれな気がする」
「今更腐女子の存在が知られるって言われても...。漫画好きじゃなくても知ってる人多いくらい認知されてるんじゃないの」

など、一部の腐女子が守るルールと現状にズレがあると指摘する声もある。

過去には歌手でタレントの中川翔子やタレント・吉木りさも同じようにバラエティ番組でBLについて言及して批判を浴びている。とくに吉木は、ダウンタウンに対するBL妄想を明かして、やはり「本人にナマモノ妄想をぶつけるなんて」と炎上した。

だが、逆にいうと今までにもBLやナマモノについて地上波で語った芸能人がいるということだ。最近では女性誌などで腐女子について取り上げられることもあり、アニメ・漫画に興味がなくても、"腐女子"という言葉の意味は知っているという人も多いのではないだろうか。「腐女子のイメージを悪くしないようにマナーを守っておとなしくしていよう」という意味での「隠れる」ならともかく、「腐女子という存在が世間にバレないようにしよう」というのは今さらのような......。腐女子たちのルールもアップデートが必要な時期なのかもしれない。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ