ここから本文です

タレント・千秋が8月5日にブログで、2000年頃にトラブルになったきりだったタレント・安西ひろことようやく和解できたことを報告した。

サムネイル

千秋/Chiaki, Jun 12, 2014 : 玩具見本市「東京おもちゃショー2014」で行われた
玩具「超合金 超合体! SF(すこし・ふしぎ)ロボット 藤子・F・不二雄キャラクターズ」(バンダイ)の発表会
写真:まんたんウェブ/アフロ


千秋は2000年頃、バラエティ番組で安西と共演したが、千秋が安西をイジりすぎてしまい、安西が泣き出す事態となった。千秋は「さらにひろこちゃんの当時のマネージャーさん達に囲まれガチ怒られして、今度は芸人さん達がかばってくれて怒っちゃって、みたいなすったもんだがありました」(原文ママ)と明かす。あくまで悪いのは自分だとして、「元はと言えばわたしがしつこくいじったことが原因で、腕のない未熟なわたしが悪いのです。当時の周りのメンバーやスタッフさんには迷惑をかけてしまいました。今更ですが、すいません」と振り返った。

そのまま会うことはなかった千秋と安西だったが、TBS系「私の何がイケないの?」のロケをきっかけに再会。ついに和解が実現したそうで、千秋は「胸に引っかかっていたものが取れるって気持ちいいですね。逆に仲良くなれそうな気がします。良かった。嬉しい」と喜んだ。

また、安西も同日、「千秋さん ありがとうございました」とブログを更新。安西は安西で自身が悪いと感じていたようで、「昔、昔...わたしが19.20歳くらいの時千秋さんとケンカをして...(一方的にわたしが悪かったんだけど)それを謝りたかったのだけど わたしが休業しちゃったから...謝れなくて」と語る。和解を果たし、「ちゃんと謝れてうれしかったし...笑顔で受け入れてくれた千秋さんに感動でした...」とつづった。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ