ここから本文です

プロフィギュアスケーターでタレントの織田信成が8月6日にブログで、以前から痛めていた右ひざを手術することを明かした。

サムネイル

織田信成/Nobunari Oda, MAY 29, 2015 - Figure Skating : Fantasy on Ice 2015 in MAKUHARI at Makuhari messe in Chiba, Japan. (Photo by Sho Tamura/AFLO SPORT)
写真:田村翔/アフロスポーツ


織田はブログで「痛めていた右ひざを今週手術するため、来週少しお仕事をお休みさせて頂く事となりました」と報告。実は1年前から右ひざを痛めており、アイスショーがない時期には練習を休んで治療することもあったという。しかし思うようにひざが回復せず、手術を決断したと説明した。

織田は「今年の春から夏にかけてのアイスショーでは思いっきり滑る事ができていたので、その程度の痛みではあるんですが、強い痛みのせいでできる事に制限がかかり気持ちが沈んだりと、氷の上での自由が少しずつなくなっていく感じでした」とつらい状態だったことを明かす。

幸いそれほど大きな手術ではなく、医師によれば3、4日で退院できるとのこと。織田は、「この機会にしっかりと治してスケートにさらに専念できるように頑張りたいと思います。膝以外はむちゃくちゃ元気です!また元気に滑る姿を見せられるようにしっかり治療、そしてリハビリしていきます!」と明るく語った。

8月7日、織田は再びブログを更新し、同日手術を受けると伝えた。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ