ここから本文です

お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太が8月7日にTwitterで、自身が"天の声"としてナレーションをレギュラーで担当している日本テレビ系「スッキリ!!」を降板するとの説を否定した。

サムネイル

山里亮太/Ryouta Yamasato(南海キャンディーズ/Nankaicandies), Oct 24, 2013 : 「auスマートパス サービス拡充発表イベント」=2013年10月24日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


山里は昨年11月にラジオ番組「山里亮太の不毛な議論」(TBSラジオ)で、「スッキリ!!」のディレクターで、自身に対して失礼な言動を繰り返す人物がいると発言。山里が相手に「なめてんの?」と直接聞いたところ、「はい」と肯定されてしまったというエピソードを披露した。

この「スッキリ!!」ディレクターとの一件は、8月5日放送の日本テレビ系「ナカイの窓」で、「不毛な議論」の構成作家であるセパタクロウ氏にも暴露されてしまった。山里は同日放送の「不毛な議論」で、「解決してたら笑いになるけど、解決してないんだから。今、俺が辞めるか向こうが曜日変えるかっていう話になってるんだから」とこぼしていた。

この一連の騒ぎが、一部ニュースサイトに、山里が「スッキリ!!」を降板する可能性があるととれるように報じられてしまった。山里は8月7日、「色々とご心配してくれる皆様へ。私、辞めませんのでご心配なく」と同番組を降板する予定はないことを明言。「ネットのニュースの必殺技[事件っぽく見せる]にお気をつけくださいませ」と報道をチクリと刺した。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ