ここから本文です

タレントの大桃美代子が8月19日に自身のTwitterで、これまでの困った仕事について暴露した。

サムネイル

大桃美代子/Miyoko Omomo, Nov 17, 2013 : 「TOKYO ICHIBA NOW!」のトークショー=2013年11月17日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


大桃は、知人から呼び出されて「こういう内容の司会は誰がいい?」とキャスティングの相談をされてしまったことを明かす。「、、、私じゃないんかい!! 私もタレントなんですけど!!! 失礼な話をしていることに気づいてもいない輩。どうしたものか。。。吐きそう、、、」と苦々しげに語った。

さらに「私を含めての企画を提案」してもらう予定でクライアントを紹介したにも関わらず、企画書から大桃の名前が外されていたというエピソードも披露。相手は「バジェット(予算)が小さくて、、、」と言い訳したそうだが、大桃は「バジェットじゃなくて、小さいのはあんたの器とオツムちゃいますか?」と痛烈に非難した。

まだまだ大桃の暴露は止まらない。続いて投稿したツイートでは、一度しか会ったことのない相手から「ウチはNPOなんで、ボランティアで仕事をお願いします」とノーギャラで仕事を依頼されたことを告白。大桃は「値段より、熱意を伝えよ!! 結果としてギャラは安くなったとしても。最初に値切りから話してくる仕事はお断りです!!!」と自身の考えを述べた。

驚きの体験談は他にもいろいろあるようだが、大桃は「まだ、あるよ、、、、って、本当に凄いことは、、、かけないな、、、炎上するからね。。」とぐっとこらえている。

(文/おきざきみあ@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ