ここから本文です

俳優・新井浩文が、頻繁に職務質問を受けてしまうことを明かした。

サムネイル

新井浩文/Hirofumi Arai, Dec 20, 2014 : 「百円の恋」(武正晴監督)初日舞台あいさつ=2014年12月20日撮影
写真:まんたんウェブ/アフロ


新井は8月31日放送の日本テレビ系「しゃべくり007×人生が変わる1分間の深イイ話 オネエ&美しい男!合体SP」に「日本一職質されている俳優」として登場。このあまりうれしくない肩書はもともとTwitterで自ら発信したものだそうで、「すごく職質されるんですよね」「大体年4回くらい職質されるんです」と告白した。

放送中の日本テレビ系ドラマ「ど根性ガエル」ではゴリライモ役をコミカルに演じている新井だが、確かにこれまでは犯罪者やヤンキーといった「怖い役」を演じることが多かったそう。お笑いコンビ・くりぃむしちゅーの有田哲平は新井のたたずまいを見て、「生々しい感じがある」「一番職質したくなる。リアル」と納得していた。

新井は過去に何度かTwitterで職質を受けたことを報告しており、「年4回」のペースもあながちウソではなさそうだ。"非目力系""死んだ目"のできる俳優として不気味なキャラクターの演技にも定評のある新井だが、役者としては武器になる死んだ目は、日常生活ではなかなかの悩みのタネなのかもしれない......。

(文/原田美紗@HEW

Facebookコメント
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。
PR

最新記事

rss

もっと見る

本文はここまでです このページの先頭へ